学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

University Introduction

自己点検評価・認証評価等

平成25年度大学機関別認証評価(大学)及び第三者評価機関別評価(短大)において適格と認定されました。

学校教育法第109条により、大学は当該大学の教育研究、組織運営及び施設設備の状況について自ら点検・評価を行い、その結果を公表するとともに、政令で定める期間(7年以内)ごとに、文部科学大臣の認証を受けた者(以下、「認証評価機関」という)の評価を受けることとなりました。

嵯峨美術大学では、大学と大学院に係る認証評価機関を財団法人日本高等教育評価機構に、また、嵯峨美術短期大学では、美術学科と専攻科に係る認証評価機関を財団法人短期大学基準協会に定め、それぞれ所定の大学機関別認証評価を受け、短期大学は平成26年3月13日にすべての評価領域について「合」の評価をいただき、「適格」であるとの認定を受けました。大学は同3月24日に機構が定めるすべての基準について「基準を満たしている」との判定をいただきました。

本学の評価における[改善を要する点]については、後日改善報告書を公表いたします。

大学、短期大学の自己点検評価報告書と、各認証評価機関からの評価報告書は次のリンクからご覧ください。

嵯峨美術短期大学

※2017年4月、京都嵯峨芸術大学・京都嵯峨芸術大学短期大学部より名称変更しました。

大学の適格認定マーク

大学の適格認定マーク

短期大学の適格認定マーク

短期大学の適格認定マーク

平成22年度に、杉野服飾大学、杉野服飾短期大学部と本大学、短期大学でそれぞれ相互評価点検を行いました。 今回の相互評価の特徴として、すべての項目について評価を下すのではなく、優れた点や改善すべき点についてそれぞれ3、4項目ずつ選び評価を行いました。

今回の評価を真摯に受止め、改善すべきは改善し、また頂いた意見は、今後の大学運営の参考としつつ、さらに教育研究や組織運営、施設設備の改善を図っていきたいと考えています。

相互評価報告書の全文について以下に掲載いたします。

※京都嵯峨芸術大学・京都嵯峨芸術大学短期大学部は、2017年4月より嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学に名称変更しました。