学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

For students

キャリアサポート

学生の適性を発掘し、進路選択をサポートする。

本学の学生は皆、実践的な授業や実習を通して、多くの技や経験を身につけています。たとえば課題ひとつでも、与えられたテーマに沿ってどんな作品にするかを企画・発想し、相手に伝える。そして何時間でも作業をつづけ、感性させる。それはアート系、デザイン系だけでなく、どんな業界の私語でも発揮できる、素晴らしい能力です。就活とは、あなたの力をどう社会で活かしていくか、その道を見つけるための活動。ぜひ、私たちといっしょに挑みましょう。

進路・就職支援体制

大学入学が人生のゴールではないように、就職も決してゴールではありません。社会に出て現実の「働く」という意味を認識し、在学中に学んだ知識や興味と関心の延長線上に、個性ある「キャリアデザイン」を描くことを通して「働く」ことの意味をじっくり醸成させることが基本だと考えています。
大学・短期大学とも低年次生(1年次生・3年次生)より、各種の講演会・ガイダンスを通して、自分の目標を定められるように支援しています。そうした前提にたって、学生の進路選択や就職をきめ細かくサポートするために綿密な年間スケジュールを組み、さまざまな催しを開催しています。
大学の指導は進路ガイダンスや各種講座を開催し、3年次3月より本格的な活動ができるようサポートしています。
また、大学院についても個別面談等によりサポートしています。
短期大学の指導は1年次夏のインターンシップに備え、入学後すぐからガイダンスを実施し、3月からの活動ができるようサポートしています。
また、教務・学生支援グループでは学生との個別相談も積極的に行っています。各学生からの活動状況の報告、相談を受け、それに対して適切にアドバイスします。
本学で学んだ知識をどのように活かすか、社会でどのような自己表現をしていくのか、一人ひとりの希望・特性にふさわしい進路を目指して各段階に応じた指導を行っています。

大学

大学では1年次にポータルサイトにより進路に関するアンケートを実施、3年次からは3月より本格的な就職活動ができるよう、進路ガイダンス・業界企業研究会や各種講座を実施し、より実践的・具体的な指導を行います。4年次の6月は採用試験の正念場となりますが、この期間と併行して個人面接指導、学内企業説明会(企業各社をキャンパスに招聘)の開催など、さまざまな就職支援を行います。

短期大学

短期大学では1年次の入学直後に学生ポータルサイトにより進路に関するアンケートを実施、夏のインターンシップに間に合うよう入学直後の4月早々にガイダンスを実施、10月からは様々なイベントや業界企業研究会を実施し、3月からの就職活動に対する支援をしていきます。

教務・学生支援グループ キャリア担当窓口

教務・学生支援グループのキャリア担当窓口では、卒業後の進路全般に関する相談をはじめ、就職・進学(大学院・編入学)指導、インターンシップの紹介、資格・検定に関する講座やキャリア支援に関する講座などを行っています。
また、本部キャンパス 遊意館1階B101(多目的室)には、インターネットコーナーを配し、情報検索や個別企業へのエントリーができるようになっています。

キャリア支援センター(キャリア支援課)

〒616-8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地
教務・学生支援グループ
TEL:075-864-7872
FAX:075-881-7133
E-mail:place@kyoto-saga.ac.jp

受付:
月曜日~金曜日/9:00~18:00 長期休暇中/9:00~17:00 土曜日/9:00~12:00
休業:
日曜日・祝日、本学の定めた休業日、夏期ならびに冬期一斉休業期間

キャリアカフェ

毎週火曜日の夕方を基本に、低年次生より自由に参加できるキャリアカフェを実施。将来のこと、夢のこと・・・飲み物を飲みながら担当スタッフと自分らしい就職についてゆっくり、ゆったりと相談ができる機会を設けています。

インターンシップ

自らの専攻、将来のキャリア・プランに関連して、在学中に一定期間、企業その他で就業体験を積むための実習制度がインターンシップです。本学では大学独自、または京都の大学が連携した大学コンソーシアム京都による多様なプログラムの中から、自分が興味ある業界・業種を見つけて参加することができます。数日間~2週間ほどの研修で「実際の仕事」や「現場の空気」を体感することができます。