学校法人 大覚寺学園 京都嵯峨芸術大学 京都嵯峨芸術大学短期大学部

Department
短期大学 美術学科

美術分野 現代アート領域

美術分野 現代アート領域

かつてない表現
に挑む。
かつてない表現に挑む。
絵画や彫刻とは異なり、現代アートには決まった形式がありません。写真や映像、立体からコンピュータを駆使した先端表現やパフォーマンスなどさまざまな表現分野を横断して、新たな独自の表現を探求していきます。伝統技法から、先端のメディアアート部門をもつ本学の四年制大学との連携や、社会とのコミュニケーションを通して、今まで見たこともない刺激的な表現を目指し集中した2年を過ごします。
美術分野 現代アート領域の特徴・特色
01.現代的なメディアを使った表現を学ぶ
写真、映像、立体、コンピュータを使った表現など、絵画・彫刻以降、新しく発達した現代的なメディアを使った表現技法を学びます。
02.一人ひとりが違う表現を探求
新しいメディアなどを混合した自由な形態による新しい美術表現を探求します。学生一人ひとりの表現技法に沿ったマンツーマン指導をおこないます。
03.十分な広さの制作スペース
一人ひとりに十分な広さの制作スペースが与えられ、広い空間を使った表現も可能です。自分だけの制作スペースで作品と徹底的に向き合い、自己の内面をも探究してください。
カリキュラム概要
現代アートの多様な表現について知る
写真、映像、立体など、絵画以降に誕生した現代の美術表現は多岐に渡っています。1年次前期では、本格的な美術表現に取り組んでいく前段階として、ドローイングや写真の基礎的なレッスンを行います。同時に、美術館やギャラリーでの学外実習を行うことで、現代アートの様々な表現形態について学びます。
映像や立体表現でコンセプトやアイデアを作品化する
映像表現・立体表現・インスタレーション作品を制作します。その中で、現代アート表現に不可欠なコンセプトやアイデアをどのように作品化していくか、といった理論的な実習も行います。また、ドローイングによる人体(ヌード)の描写や、油彩などの平面表現も継続して取り組みます。
コンセプトを形にするために
1年次で学んだ技法や、コンセプトの立て方、現代アート作品の理解を踏まえて、2年次の造形ワークショップでは、「光と視覚」「動き」「物/もの/モノ」「自画像」「顔」「余白」「偶然」「身体」「リアル/日常」「ファンタジー」「再制作」「自然」といったテーマのなかから自分なりのテーマを見つけ、制作に取り組みます。
自由なアート表現を目指して
2年次後期は卒業制作にとりかかります。アカデミックな絵画と異なり、映像やインスタレーションは自由な表現力が問われます。しかし同時に、社会とコミュニケーションするいう意識も欠かせません。個展などで発表することを視野に入れ、自分にとって代表作の一つとして数えられるような作品づくりを心がけます。
卒業後の進路

多くの卒業生が創作の現場で活躍しています。各種コンクールへの参加や個展の開催などを目指し、作家活動を続ける人、四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人。また、技術を活かし、デザインやイラストの分野に進む人も多数います。

将来の職業像
画家/美術作家/イラストレーター/マンガ家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
和泉 希洋志/倉山 裕昭/中井 浩史 /長谷川 博士/松延 総司
学生作品

SCALE UP

#01 前田 真喜
「記録 2012/12/24-25」

我が子の枕元にプレゼントを置くサンタ役の親の視線からの映像と、サンタクロースに対する子供たちからのメッセージ、2つの映像の対比による作品。小学1年生から6年生までの学年によって語られた「サンタ」のイメージの違いを楽しんで下さい。

  • 受賞平成24年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材映像、ミクストメディア
  • サイズ150×250×250cm