学校法人 大覚寺学園 京都嵯峨芸術大学 京都嵯峨芸術大学短期大学部

Department
Postgraduate

大学院

大学院

高度な専門知識と
表現力を研鑽する。
高度な専門知識と表現力を研鑽する。
大学院芸術研究科は「造形絵画分野」、「造形複合分野」、「デザイン分野」の3分野から編成されます。大学院では学部教育の継承と高度化を目指し、院生各自が個々に研究テーマと研究計画を設定します。
  • 造形絵画分野

    日本画、油画といった平面表現を中心に学ぶ「造形絵画分野」では、作品のテーマを明確にし、制作を実施。さらにより高度な技術と知識を獲得するために研究活動も行います。

  • 造形複合分野

    版画、彫刻、工芸、メディアアートからなる「造形複合分野」は、表現媒体(素材)や技法の知識を修得することはもちろん、技巧を超えた普遍的な表現を探ります。

  • デザイン分野

    自然環境保全やまちづくり、文化遺産の保存といった社会にまつわる諸々の課題や、平面・立体のデザインについてなど、社会とデザインにおける様々なテーマを深く研究します。

カリキュラム概要
分野横断を重視した履修システム

表現研究にしろ、学術研究にしろ、その背景には、研究を支える幅広い視野と考える力が必要です。大学院では、基幹科目として各分野別の専門講義科目を多数用意しており、3分野にわたって8単位以上の履修を義務づけています。また、展開科目には分野の壁はなく、自由に履修ができます。そのため、他分野の科目から専門分野との相違点や関連性を理解し、視野を広げることができ、さらには、それを起点として考える力の養成も可能です。分野横断を重視した履修システムから、研究基盤の構築を目指します。

基幹科目
選択
東洋絵画論特講、日本絵画論特講、西洋絵画論特講、近現代絵画論特講、彫刻論特講、版画・写真論特講、工芸論特講A・B、メディアアート論特講、メディアデザイン論特講、映像芸術論特講、広告デザイン論特講、観光政策論特講、文化政策論特講、企画・プロデュース論特講
選択必修
造形制作研究(絵画)Ⅰ、造形制作研究(絵画)Ⅱ、造形制作研究(絵画)Ⅲ、造形制作研究(絵画)Ⅳ、造形制作研究(複合)Ⅰ、造形制作研究(複合)Ⅱ、造形制作研究(複合)Ⅲ、造形制作研究(複合)Ⅳ、デザイン研究Ⅰ、デザイン研究Ⅱ、デザイン研究Ⅲ、デザイン研究Ⅳ
必修
研究指導
展開科目
選択
画材・技法研究、文化財科学、素材・技法研究、現代造形論A・B、メディア技法研究、デザイン技法研究、メカトロニクス演習、研究調査法、芸術理論演習、創造と法律、海外文献講読、インターンシップ
芸術応用プロジェクトA・B・C
教員紹介
岩崎 陽子/入佐 美南子/上田 香/宇野 和幸/江村 耕市/大島 成己/大沼 憲昭/大森 正夫/木田 豊/楠林 拓/坂上 英彦/佐々木 正子/佐藤 文郎/下西 紀/ジョー・プライス/竹内 オサム/辻 勇佑/仲 政明/日野田 崇/増田 洋/松本 泰章/三宅 章介/森本 武/山本 直樹/芳野 明

2015年度実績。2016年度以降の担当教員詳細については入学広報グループ(075-864-7878)まで  お問い合わせください。

非常勤講師一覧
伊奈 新祐/宮武 久佳/山埜 道宏
学生作品

SCALE UP

#01 湊 智瑛
「煌」

湊の院の研究テーマはモノクローム表現の研究で、此の作品もチョウザメをモチーフとしたモノトーンの表現となっている。彼女は此の主題に学部から取り組み、今回で9作目となるが、初期の即物的表現から思考錯誤を繰り返し、現在ではものの存在は単独で成り立つのでは無く、様々な要因が絡むことにより、初めてその存在を認識することができるという考えにいたっている。一貫した主題により若干マンネリ化も見え、チョウザメ・水・光・動の表現としてはダイナミックさと、明暗の美しさに少し欠けるところもあるが秀作となっている。

  • 受賞平成24年度本学制作展 芸術研究科賞
  • 素材麻紙、墨、顔料
  • サイズ290×179cm