学校法人 大覚寺学園 京都嵯峨芸術大学 京都嵯峨芸術大学短期大学部

普段の嵯峨美で起こる出来事をありのままに紹介します。

第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!

「第45回 制作展」は、2月1日~5日まで京都市美術館と本学キャンパスで開催しました。
例年同様多くの方にご来場いただき、特に京都市美術館での「卒業・修了制作展」は、総入場者数は5000人ほどになりました。

寒い中ご来場いただいたみなさま、お忙しいなか本当にありがとうございました!!

京都市美術館で展示された「卒業・修了制作展」の風景です。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:01933年(昭和8年)に建てられた京都市美術館は、帝冠様式の威厳のある建物です。本学は毎年この美術館で卒業制作展を行うことで、市民の方々にも親しまれています。

京都市美術館は今春から改修工事に入り、しばらくはお休みになります。
学生はみんな、この歴史ある美術館での展示を楽しみにしています。改修後もまた卒業制作展を開催できるようになればいいのですが。

そんな区切りの年の制作展、美術館1階の約半分と2階全室を使って、卒業、修了生が日頃の成果を展示しました。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:1第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:2第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:3第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:4第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:5第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:6第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:7第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:8第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:92月4日、5日には高校生対象の「制作展ツアー」も実施しました。高校生の皆さんに、1日かけて本学キャンパスでの「進級制作展」と京都市美術館での「卒業・修了制作展」を見ていただきました。

本学キャンパスの「進級制作展」は、日頃授業を受けている実習室やギャラリー、講堂などいろんな場所で芸術学部1、2、3回生、短期大学部1回生の展示を行いました。手を触れて鑑賞していただける作品もたくさんあります。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:10今回の嵯峨日記では、出展した学生にレポートをお願いしました。

===============================================
こんにちは、短期大学部専攻科2回生イラストレーションの園田です。
今回は私も制作・展示させていただいた、京都市美術館での制作展の模様をお伝えします。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:11私たち専攻科は毎年、なぜかラッキーなことに1回生から美術館で卒業生と一緒に展示することができます。同じ短期大学部から進学した人であれば、3年続けて美術館で作品展示ができます。ゴッホやモネが展示されるこの場所で3回も作品を飾れるなんて一生自慢して生きていけます。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:124年制大学の方はきっと1年をかけて構想を練り、作品を仕上げているのですが、私たち専攻科は卒制にかける時間が半年しかありません。大卒の学位試験のために授業もみっちり詰まっているので、2回生は特に全員毎日居残りをして、毎日「実習室に住みたい!!!」と半分冗談半分怒りながら、あっという間の制作期間でした。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:13専攻科の展示は領域の区別がほとんどなく、今年はグラフィックからイラストレーションに専攻を変えて進学した子もいたため、去年とはまた違った作品が並んだのが印象的でした。
合評などは展示が始まってから美術館に並んだ作品を前にして行います。
今年は特に自分たちの制作で手いっぱいで、ほかの人の作品がどうなっているのか知らず、一気にみんなの作品の完成した姿を目にしたのですが、どの作品もやりきっていて感動しました。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:14第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:15第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:16第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:17展示の前で絵本を熟読してくれる人、椅子に座って感想を書いてくれる人、絵を見て楽しんでいる様子のちびっこ軍団。 今回は特にいろんな方がしっかり作品を鑑賞し、リアクションをしてくださったように思います。一番うれしく、ありがたいことです。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:18本当にみんな努力していたので、救われた気持ちです。
この世のすべてに感謝したいくらいです。
私たち2回生はこれにて学生生活終了。今振り返ってようやく「終わったなあ」と実感しています。ちょっとさびしい。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:19第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:20しかし、これからも私たちは好きなことして生きていきます。
いつか、BIGになって100年後くらいにもどってくる人もいるかもしれません。
いずれまた、どこかでお会いしましょう。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:21あっ第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:22あっっ

================

学生レポートの最後は、お世話になった指導教員の写真でした。
園田さんは春から社会人として新たな場で活躍することになっています。

あっという間の5日間でしたが、ご来場いただいた皆様は学生たちの作品を楽しんでいただけたでしょうか。

このあと卒業生は慣れ親しんだ大学を離れ、新たな場に飛び出します。在学生も新年度に向けて準備が始まります。

この展覧会に多くの方々にお越しいただいたことは、学生にとっても貴重な経験です。新たなステージで活躍する際の大きな自信になっていくことでしょう。

ご来場いただいた皆様どうもありがとうございました。来年度の制作展もどうぞよろしくお願いいたします。第45回「制作展」ご来場ありがとうございました!!:23