学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

University Introduction

教員紹介

江村 耕市    えむら こういち
EMURA Koichi

芸術学部 学部長
大学院 教授
芸術学部 デザイン学科 教授

江村 耕市
担当科目 芸術の力実習、デザイン専門実習、デザイン専門演習Ⅰ、Ⅱ(観光デザイン)、卒業制作Ⅰ、Ⅱ(イラストレーション)、メディア技法研究
専門ジャンル ビジュアルアート、ビジュアルデザイン
学位 学士
研究および制作テーマ 映像、ドローイング、言葉、コラージュ、ブリコラージュなどを組み合わせた、生々しい視覚表現の研究と実践。
学会・団体 映像+パフォーマンスユニット「キュピキュピ」メンバー(ビジュアルデザイン担当)http://kyupikyupi.com
ビジュアルコミュニケーションチーム「emuralabo エムララボ」主宰 http://emuralabo.net
メッセージ

いつも目の前には、なんらかの問題があります。その状況に振り回されるのでは無く、そこから大切だと感じるものを選択し、まじめに向き合いましょう。大切だと感じない問題は無視しておいてもかまいません。今を丁寧に楽しく生きましょう。自身の奥から立ち上がってくる欲望に対して丁寧に対応しましょう。疑問や質問があれば連絡をください。私ができることはすべて対応します。
それでは、はりきってまいりましょう。

作品および活動に関する写真
研究および制作活動の概要

映像+パフォーマンスユニット「キュピキュピ http://kyupikyupi.com」(石橋義正、木村真束、江村耕市)として美術館や劇場などで映像作品やパフォーマンス作品を発表。
江村個人としても、ビジュアルデザイン、映像、ドローイングを用いての作品制作と他者とのコラボレーション作品を制作。
2011年「emuralabo エムララボ http://emuralabo.net 」を立ち上げ。デザイン学科の学生および卒業生を中心に、会話と直感と臨機応変な判断を大切にした映像等の表現活動を行います。
「今」と「私」を「なまなましく」捉え直す試みです。

略歴
2011
emuralabo エムララボ立ち上げ。
学生有志に卒業生も加わり、イベントやプロジェクトごとにメンバーが集まり表現活動を行うチームとして活動を開始。
2005
京都嵯峨芸術大学芸術学部 着任
1999
京都にて江村事務所開設。アーティストショップ「地下机上」、オリジナルブランド「emura-kijyo キジョウ」運営。〜2001年ごろまで。
1985年以降、京阪百貨店勤務、デザイン事務所「スタジオサマディ」参加、フリーグラフィックデザイナー、ドローイングアーティスト、バックパッカーなど諸々を経て、京都に活動拠点を設置。
1997
映像+パフォーマンスユニット「Kyupi Kyupi キュピキュピ」参加
1985
京都市立芸術大学美術学部デザイン科卒業
1961
大阪に生まれる。
研究および制作活動の報告

2015, 2016, 2017 京都劇場

FASHION CANTATAfrom KYOTO

和装着物のファッションショーのビジュアルデザインを江村が担当。演出は石橋義正氏。

2016-2017

京都国立博物館カウントダウンライブ

京都国立博物館カで開催された、カウントダウンライブ(FMcocoro主催)のカウントダウン映像を担当。

2016

森の高さ

倉山裕昭、井上大輔との展覧会をエムララボが主催。江村耕市は平塚紗也子江村耕市、片平あゆみ江村耕市として出品。会期中にトークイベントも開催。

2016 錦市場商店街ナイトミュージアム

「伊藤若冲とみずのき」

錦市場商店街ナイトミュージアムに参加。伊藤若冲とみずのき美術館の作品を扱った映像インスタレーション。長い商店街の中に6本のスクリーンとスピーカーを設置され、観客はゆっくりと歩きながら鑑賞する。サウンドデザイン:mama!milk、映像:江村耕市+エムララボ

2016 京都嵯峨芸術大学附属ギャラリー

平塚紗也子江村耕市「やりとりと今」

平塚紗也子と江村耕市の共同制作。二人がメールでおこなった公開を前提としたテキストのやりとりに江村が同時期に撮った写真を組み合わせたパネル40枚が主な構成要素で、そこに平塚が同時期に描いたドローイングの冊子6冊を並べて展示した。

2015 machideco-international

嘘をつくのは、とにかく、やめよう。

京都国際マンガミュージアムでのプロジェクションマッピングイベント参加作品。
テキスト:森本武、音楽:たゆたう、映像:エムララボ、協力:京都嵯峨芸術大学

2014 machideco-international

insight20141004mm

京都国際マンガミュージアムでのプロジェクションマッピングイベント参加作品。
テキスト:森本武、音楽:たゆたう、映像:エムララボ、協力:京都嵯峨芸術大学

2013-2014 youtube

katsunova + emuralabo video action

即興音楽ユニットKATSUNIVAとのコラボレーションによる映像制作。30分の即興音楽に寄り添う映像を制作したしりーず。

2012 岡崎ときあかり、細見美術館(京都)

insight, outside 2012 emuralabo

江村耕市+emuralabo 言葉:森本武、音楽:たゆたう、映像:エムララボ
2011年に引き続き、京都岡崎周辺を灯りの演出やプロジェクションマッピング、音楽ライブなどで総合的に演出し、夜の岡崎を楽しむイベントに「emuralaboエムララボ」として参加。会場も同じく細見美術館中庭空間。

2012

The 6th Asian Film Awards

映画「ミロクローゼ」の衣装デザインで、第6回アジアン・フィルム・アワードのベストコスチュームデザイナーに、コスチュームディレクターのKyokoさんと一緒にノミネートされる。受賞はならず。

2011

映画「ミロクローゼ Mirocloze」

石橋義正監督、山田孝之主演の劇場映画「ミロクローゼ Mirocloze」のビジュアルデザインを担当。オープニングのグラフィック、着物の柄、美術セットのグラフィック、刺青の柄、本編中の文字や色面のモーショングラフィックスなどのデザイン制作を担当。撮影にも立ち会いましたし、絵コンテの書き起こしなども少しやりました。

2012 高知県立現代美術館ホール

キュピキュピライブ「atmesppaiアトメスッパイ」

キュピキュピ8年ぶりの新作公演。驚きの仕掛けに満ちたクールな演出、めくるめく3D映像、美しくも妖艶なダンサーが織りなす究極のアート・エンタテインメント。
ビジュアルデザインを担当。

2011 岡崎ときあかり、細見美術館(京都)

insight, outside emuralabo

江村耕市+emuralabo 言葉:J. Krishnamurti(J.クリシュナムルティ)、訳:森本武
京都岡崎周辺を灯りの演出やプロジェクションマッピング、音楽ライブなどで総合的に演出し、夜の岡崎を楽しむイベントに「emuralaboエムララボ」として参加。細見美術館中庭空間を映像で演出した。

2011 京都国際マンガミュージアム

マチデコ・インターナショナル

江村耕市+emuralabo 言葉:J. Krishnamurti(J.クリシュナムルティ)、訳:森本武、音楽:たゆたう「はじまりの麓」「つきにうたかた」、映像:エムララボ、協力:京都嵯峨芸術大学

マチデコ・インターナショナルはマンガミュージアムの壁面に映像をプロジェクションマッピングする作品の上映イベントです。エムララボは夜空に滲みて行く生命感を提示しました。
この作品は、2012年の同イベントでもリバイバル上映されました。

2011 京都芸術劇場 春秋座

舞台公演「伝統芸能バリアブル キュピキュピと伝統芸能の女たち」

五感で感じる和の文化事業・京都創生座 番外編としてキュピキュピの石橋義正が演出。キュピキュピも全面的に参加した。3D立体視映像を舞台に取り入れた。ビジュアルデザインを担当。

2011 UrBANGUILD 京都

エムララボ「楽しい方の現実へ」

江村耕市+たゆたう+ NIK。映像とグラフィックと音楽、その他をからめたライブ。エムララボの立ち上げ公演。

2010 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 香川

SickeTel  シッケテルーキュピキュピと石橋義正

映像&パフォーマンス・ユニット“キュピキュピ”は現在、映像と演出を手がける石橋義正を中心に、空間設計と造形を担当する木村真束、ヴィジュアルデザインとアニメーションを担当する江村耕市の3名で活動。本展はキュピキュピと、その主宰者であり映画「狂わせたいの」やTV番組「オー!マイキー」の監督として映像コンテンツの制作に携わる石橋義正の活動を国内の美術館として初めて大規模に紹介するものであり、当館の展示空間を活かしたキュピキュピの大型インスタレーションをはじめ、石橋義正の映像作品など最新作を中心に構成。

2010 gallery morning 京都

DAILY

ドローイングとコラージュ日記の展覧会。2009年

2009 MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w 京都

楽しい方の現実

音:清水恒輔、生駒祐子(mama!milk)

協力:木村真束、安井健二、本松芳峰 +奥田耕司、石橋プロダクション、株式会社エスエスエム、京都嵯峨芸術大学
この展覧会の始まりは、江村が生活の中で出会った紙切れを切り貼りしたノート=コラージュニッキでした。コラージュニッキを映像化したものを中心にしたインスタレーションです。会期後半には、いろんな人が世界のあちこちの街で作り始めたコラージュニッキもあわせて展示していただきました。京都、ロンドン、東京、鳥取…。ライター、イラストレーター、会社員、作家、音楽家…。それぞれの街、それぞれの生活の色とカタチが20冊並びました。

2007 BIWAKOビエンナーレ2007

太古代水神詔

UN=mamieMU+toru yamanaka w/Koichi Emura
映像+音のライブのための映像を担当。

2006 MUSAC-MUSEO DE ARTE CONTEMPORANEO DE CASTILLA Y LEON (SPAIN)

Kyupi Kyupi Circlamotion

2006年5月6日~9月10日
スペイン北部、レオンの美術館・MUSACでの展覧会「GLOBOS SONDA / TRIAL BALLONS」に「キュピキュピ」として映像インスタレーションを出品。

2004~

ヤモリの壁プロジェクト

雨森信(NPO法人 remo)との共同プロジェクト。
ヤモリの型紙を使った子供向けのコマ撮りアニメーションワークショップを開催。絵具で彩色したり紙を貼ったりして自由に自分のヤモリを作った後に、それを使って、その場でストップモーションアニメーションを作ります。自分が作ったものがアニメーションとして動くおもしろさを体験します。アニメーションは壁紙としての映像作品群としてアーカイブされてゆきます。

2003・2004 京都、東京

Kyupi Kyupi Grand Kayo Show CABAROTICA

1997年に結成された映像+パフォーマンスユニット「キュピキュピ」のライブパフォーマンスのロングラン公演。2003年春に行われたパレドトーキョウ(パリ)、テートモダン(ロンドン)での個展とライブパフォーマンス「CABAROTICA」がこの公演のベースになっている。

2001〜 TV東京など

オー!マイキー

映像コンテンツ「オー!マイキー」(石橋義正監督)のグラフィックデザインを担当。タイトルやパッケージ、イベントや関連グッズ関係などのビジュアルデザイン全般に関わる。2011年頃まで。