学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
大学 デザイン学科

  • グラフィックデザイン領域
  • イラストレーション領域
  • キャラクターデザイン領域
  • 観光デザイン領域
  • 生活プロダクト領域
  • 染織・テキスタイル領域

グラフィックデザイン領域

グラフィックデザイン領域

デザインの力で
人と人をつなげよう。
デザインの力で人と人をつなげよう。
デザインの力で、「人と人」、「人とモノ」をつなぐことをめざす領域です。人が正しく情報を共有すれば、社会はもっと良くなっていくはず。広告、ポスター、ブックデザインなど社会ニーズに対応したメッセージ性の高いグラフィックデザインや、ブランド価値を生み出すための企画にもとづいた総合的な商品デザイン、さらに公共施設のロゴやサイン計画などのパブリックデザインまで、幅広いデザインに挑戦しながら「コミュニケーションデザイン」の本質を学びます。
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01. 広告賞・コンペディションへ挑戦!
学外のさまざまな広告賞やコンペディションに積極的に挑戦することで、「他者の評価」を意識して制作する力をつけます。その結果、近年では京都の私大の中でもトップクラスの受賞率を誇っています。
02.相乗効果のプレゼンテーション
下級生に向け、上級生が課題のプレゼンテーションをおこなうなど、学年を横断した取組みをおこなっています。下級生に見られることを意識したプレゼンをおこなうことで生まれる緊張感や、先輩のプレゼンを見て学び工夫をするモチベーションなど、さまざまな効果が生まれています。
03.少人数だから可能な指導
クラス人数は平均して15人程度なので、学生ひとりひとりの特性をしっかり把握し、学生の得意な表現や技術を活かしたデザイン制作指導を行っています。個々の特技を磨いたうえで、企画力や発想力、プレゼン力などを身につけた総合的なクリエーターを目指します。
カリキュラム概要
デザインの基本を学ぶ
デッサン、造形、写真など、デザインに欠かせない基礎表現を学びます。また、デザインの役割を知るためのフィールドワークも行います。
さまざまなデザインに挑戦
ブックデザイン(エディトリアル)、チラシやポスター(アドバタイジング)、ディスプレイ(インフォグラフィックス)などの課題を通し、企画の立案から完成までの過程を学びます。
社会で必要な力を磨く
公共施設や企業との共同制作を通して、社会で求められる実践的なデザインにチャレンジするほか、ブランドデザインにも取り組みます。
自分をプロモーションする
4年間で身につけたグラフィックデザインやビジュアルの展開手法を使って、自分自身のプロモーションに挑戦。卒業制作へとつなげます。
卒業後の進路

過去3年の傾向では、約4割が広告制作プロダクション、Webデザイン事務所などの直接のデザインをおこなう業種に進んでいます。その他、出版社、企業宣伝部・企画部などが約3割、その他は一般事務職、営業職、イラストレーターなどのフリーランス。就職率は80%前後。今後は、企業、広告代理店などを中心にキャリア指導を強化していく予定です。

将来の職業像
グラフィックデザイナー/広告デザイナー/パッケージデザイナー/Webデザイナー/エディトリアルデザイナー/CGデザイナー/アートディレクター/出版社(制作、営業)/広告代理店(制作、営業)/印刷会社/教員/学芸員/企業就職(企画、制作、広報、宣伝、営業、販売、事務)ほか
学生作品

SCALE UP

#01 望月 沙綾
十虫十色 ––テントウムシって知ってる?––

テントウムシを知っていますか?
多くの人が赤と黒のナナホシテントウを思い浮かべると思います。日本だけで約180種生息しているテントウムシですが、そのほとんどが1cmに満たないものばかり。そんな小さく美しいテントウムシの世界の入口。

  • 受賞2019年度制作展 教育後援会奨励賞
  • 形式ポケット図鑑
  • サイズA4(21.0 × 29.7cm)

SCALE UP

#02 ウィボウォ・アナスタシア
365 HELLO

毎日のコミュニケーション方法が平成時代の始まりとだいぶ変わっています。昔は遠いところに住んでいる友人に手紙かポストカードで連絡を取れましたが、今は誰でも持っている携帯やスマホで、ショートメッセージを送って、すごく便利になりましたが、な にか、やはり気持ちが違います。平成時代に一番大きな変化はコミュニケーションだと考え、“懐かしさ” を感じられるように、365日のポストカード・カレンダーを提案します。

  • 素材
  • サイズ10.0 × 14.8cm × 365枚