学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
大学 デザイン学科

  • グラフィックデザイン領域
  • イラストレーション領域
  • キャラクターデザイン領域
  • 観光デザイン領域
  • 生活プロダクト領域
  • 染織・テキスタイル領域

観光デザイン領域

「観光」をテーマに、
社会が求めるリアルな
デザインを学ぶ。
「観光」をテーマに、社会が求めるリアルなデザインを学ぶ。
世界有数の観光地・京都を舞台に、有形無形の「観光」資源の魅力を伝えるデザインを学びます。基本的なデザインスキルを学びつつ、フィールドワークを通して現場取材力や課題発見力を養い、グループワークによってチームでデザインする力を身につけます。観光デザインは、造形的なデザイン力だけでなく、企画力、プロデュース力など社会が必要としている実践的なデザイン力を身につける学びです。
学生インタビュームービー
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01.学びのお手本は、京都・嵐山!
世界屈指の観光地である京都・嵐山という立地を活かし、学外に出てアイデアやヒントを見つけるフィールドワークを行っています。講義や文献では理解できない「リアル」を自分の目で見ることの大切さを学びます。
02.美大生ならではのデザイン力が武器
一般大学の観光学部との大きな差は美的感性とデザインスキル。デッサンや造形、素材体験、写真・映像などの基礎表現の習得やデザインの基本スキルに加え、意思や企画を伝えるプレゼンテーションの訓練を積むことで、提案力をもったデザイナーをめざします。
03.卒業生は多様な業界で活躍中
観光デザインは卒業後の進路が最も広い領域。グラフィックデザイナー、新聞記者、雑誌編集者、ツアーコンダクターなどさまざまな人材を輩出しています。現場に足を運んでマーケットリサーチをし、企画やデザインにフィードバックできる能力が高く評価されています。
カリキュラム概要
観光デザインの基礎を学ぶ
フィールドワークを行い、レポートの作成、観光ポスターの制作に取り組みます。観光デザインとは何かを学び、文章表現やデザインの基礎を身につけます。
グループでイベント企画に取り組む
グループ内で役割分担を決め、企画書作成、各種デザインワーク、広報、当日の運営、接客など、イベント企画から実施までの一連の過程を学びます。
京都の情報を編集、デザイン
各自が興味のあるテーマで京都市内をフィールドワークし、独自の目線で京都を紹介する記事を作成し、編集工程を経て情報誌に仕上げます。
観光をテーマに自由制作
4年間で身につけた知識、経験、スキルを駆使し、各自がテーマを設定し、観光に対して新たな提案、制作、展示発表を行います。
卒業後の進路

社会に向けてデザイン活動を実行してきた経験を活かして、その高い企画力やフィールドワークテークは現代の企業や地域で貴重な人材として求められています。社会をデザインによって豊かにする幅広いテーマは、様々なところで実力を発揮できます。

将来の職業像
イベントデザイナー/グラフィックデザイナー/ アートディレクター/エディトリアルデザイナー/カメラマン/キャラクターデザイナー/アニメ制作スタッフ/ツアープランナー/地方公務員(観光振興、広報)/観光協会職員/新聞記者/雑誌編集者/教員/学芸員/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務) ほか
学生作品

SCALE UP

#01 村岡 香織
呉市、活性のためのデザイン提案 KUREtro

私の地元である呉市。元々は静かな農漁村でしたが、明治から海軍の拠点として栄えた歴史を持ちます。今回、そんな呉を紹介し“ワイルドなレトロモダン”としてブランド化を試みました。明治から昭和初期にかけて踏ん張ってきた呉の時代性を形にしたいと思ったことがきっかけです。漁師町や海賊衆といった元々の荒々しさと近代化していく当時のパワフルでモダンな雰囲気が漂う空間となっています。

  • 受賞2019年度制作展 教育後援会奨励賞
  • 仕様観光冊子、ポスター、ロゴマーク、その他空間演出

SCALE UP

#02 江口 泰葉
ご当地インスタグラス 〜旅行をもっと楽しく〜

Instagram ×観光×紙メガネの新しい観光地インスタ映えグッヅを提案する。ご当地の魅力を満載したインスタグラスをつけて写真を撮り、シェアすることで話題性を生み新たな旅行者の増加を狙う。今回は、神戸・大阪・京都、そして大映通りをケースにご当地の食べ物やシンボル等をモチーフにしてポップに表現した。SNSを通して旅行が楽しくなることが私の願いである。

  • 受賞2018年度制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材・サイズ紙メガネ 4種類 紙4枚(75.0 × 175.0cm)
    パネル A1 × 1枚、A2 × 2枚
    メガネ 4種類 紙4枚(75.0 × 175.0cm)
    パネル A1 × 1枚、A2 × 2枚