学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
大学 デザイン学科

  • グラフィックデザイン領域
  • イラストレーション領域
  • キャラクターデザイン領域
  • 観光デザイン領域
  • 生活プロダクト領域
  • 染織・テキスタイル領域

イラストレーション領域

イラストレーション領域

言葉にできない思いを
イラストレーションで
伝えよう。
言葉にできない思いをイラストレーションで伝えよう。
心の中にある言葉にできない世界を、イラストレーションで表現します。複雑なことを明快に、難解なことを解りやすく、堅苦しいことを愉快に、面白いことはもっと面白く。制作を通して、思いを他へ伝える方法を学びます。商品パッケージ、ポスター、絵本、ディスプレイなど、あらゆる場面で活用できるイラストレーションを追究します。
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01. 志向に応じたイラストレーションを学ぶ
自分の描きたいものをイラストで表現する「アート型」。問題をイラストの力を使って解決する「デザイン型」。嵯峨美はどちらの方向性にも対応し、学べるカリキュラムを用意。3年次には方向性を固め、自分の表現を追究していきます。
02.デジタルもアナログも使いこなす!
イラストレーションはさまざまな画材・技法から生み出されます。さまざまな画材や技法を学びながら、それぞれの特性や魅力を探ります。アクリル絵具や透明水彩をはじめとするアナログ画材から、進化が著しいデジタル作画ツールまで幅広く学ぶなかで、自分に適した表現技法をマスターしていきます。
03.イラストレーションという枠を超える
イラストレーションの枠におさまらない表現への挑戦を後押ししています。立体造形や写真、インスタレーションなど多彩なジャンルへ展開する学生も少なくありません。
カリキュラム概要
画材がもつ特徴を知る
アナログとデジタルのさまざまな手法で、基礎画力と技術を学びます。経験だけでなく、イラストレーション制作に必要な手法を考える想像力を養います。
創作するための技術を磨く
観察→発想→描く、という訓練を重ねます。また、自分を表現するイラストレーションと、デザインとしてのイラストレーションを学びます。
作品を多方面に展開させる
個々に制作目標を設定し、その達成に向けアプローチを始めます。目標に合わせ、作品精度を高め、印刷物やWeb、パッケージや空間に展開します。
自分の美意識を作品にする
4年間の集大成となる作品を制作します。枠にとらわれず、自由で新鮮な美しさを表現することをめざします。
卒業後の進路

イラストレーターやグラフィックデザイナーとしてクリエイティブな現場で活躍しています。発想力やコミュニケーション力を活かして、企業の企画担当や企画営業、販売職という仕事に着いている場合もあります。自身のイラストレーションを使ってオリジナルグッズを制作販売していたり、自作の絵本で自分の子どもを育てたりと、個性的な卒業生もいます。

将来の職業像
イラストレーター/グラフィックデザイナー/Webデザイナー/ブックデザイナー/キャラクターデザイナー/アニメーション作家/マンガ家/絵本作家/教員/学芸員/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)ほか
学生作品

SCALE UP

#01 丸田 葵
宝探し

大学に入り四年間過ごした京都で印象深かった五つの風景を描きました。そこで見たもの聞いたもの触れたものすべてが私の宝物です。(連作のうちの1枚)

  • 素材ペン、アクリル、墨
  • サイズ16.0 × 23.0cm ~ 92.0 × 132.5cm × 14点

SCALE UP

#02 住田 彩夏
Toyama

地元富山県のPRポスターとして制作。
富山独特の“曇り” をテーマに、彩度の鈍い色を使用し、神秘的で何処か宗教絵画を彷彿とさせつつも、現代のファッションに通ずる格好良さを表現しています。

  • 技法SAI、CLIP STUDIO PAINT
  • サイズ14.7 × 84.6cm