学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
大学 造形学科

  • 日本画・古画領域
  • 油画・版画領域
  • 複合領域

複合領域

立体、陶芸から
空間表現まで
幅広い表現に挑む。
立体、陶芸から空間表現まで幅広い表現に挑む。
立体系の表現、空間表現、陶芸などが学べる領域です。
立体造形工房では、さまざまな素材を使った彫刻作品、空間全体を使った作品などを制作します。映像、サウンドなどを媒体としたデジタル表現も含めた、幅広い表現の可能性が広がります。
陶芸工房では、伝統的技法から現代の実験的な手法まで、さまざまな表現技法を駆使し、器などの工芸的作品から大型の陶立体まで、「手」と「五感」をフルに活用して制作します。長い歴史と豊かな自然をもつ京都の地で、創作活動に取り組み、感性と表現力を育みましょう。
  • 立体造形工房

    木彫・金属彫刻といった伝統的な彫刻からインスタレーションまで、さまざまな立体・空間作品を制作します。多様な素材の特質や造形技術、そして映像・音などを組み合わせた表現メディアの方法論を学び、自らの表現をつくり出します。

  • 陶芸工房

    自然素材である土を焼成して表現する陶芸のさまざまな表現技法を学びます。ろくろに代表される伝統的技法から現代の実験的手法まで、自身の「手」と「五感」をフルに活用して制作します。

学生インタビュームービー
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01.少人数だから、制作スペースが広い。
領域の人数は10~15名と少人数。学生一人ひとりに広い個人制作スペースが与えられ、思う存分制作に打ち込むことができます。学生の個性や志向を熟知した教員のアドバイスがマンツーマンで受けられる、恵まれた環境です。
02.本格的な制作工房がある実習棟
彫刻では石彫、金属、木彫の各工房を有し、陶芸では窯、電気窯炉、ガス窯を有する工房があります。メディアアートでは音響も含めた空間アート表現を可能とする専用のスタジオを有し、学生の作品制作を支えています。
03.入学後に選べる学びのカテゴリー
1年次の大半は、表現の基礎となる基礎造形力の獲得に主眼を置くとともに、思考力やコミュニケーション力までクリエイターとしての土台を作ります。2年次より自分の志向に沿った表現に特化し深めてゆきます。
カリキュラム概要
さまざまな造形の基本を体験する
素材の性質や創作の工程を学び、表現すること、表現できることについて考えます。造形の基礎を幅広く学び、表現の土台をつくります。
各表現分野の専門性を学ぶ
2年次では、「陶芸工房」と、「立体造形工房」に分かれて、各表現分野における専門の基礎を学びます。
複合的な創作活動に取り組む
2年次で学んだ表現方法をもとに、それぞれが創作活動を行います。各自が抱く思いや問題意識を、作品へと展開していきます。
集大成になる作品を制作
培ってきた表現技法と素材の知識を駆使して、自由制作・卒業制作に取り組みます。知識・技術と自己表現の高度な調和をめざします。
卒業後の進路

クラフトにかかわる人からアート、デザインの分野で活躍する人まで幅広い活動領域があります。工芸作家やプロダクトデザイナー、大学院に進学する人、学校教員や学芸員など。また、京都の地の利を活かし伝統工芸の世界で活躍する人もいます。

将来の職業像
彫刻家/陶芸家/工芸作家/造形作家/フィギュア作家/舞台美術家/佛師/雑貨デザイナー/ディスプレイデザイナー/メディアアーティスト/ゲームデザイナー/映像作家/アニメーター/サウンドクリエイター/インタラクティブコンテンツ制作/写真家/教員/学芸員/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)ほか
学生作品

SCALE UP

#01 兼髙 みさき
繋がる

ひとつの個体が生涯を終えると、肉体は他の生命の糧になって消えるが次の生命に繋がっていく。
その移ろいゆくようにふとなくなった生命がまだ絶えず息をくり返しているように感じ、私は不思議な気持ちを抱くのだ。尽きることのない生命のサイクルを表現したい。

  • 素材木、土
  • サイズ120.0 × 140.0 × 70.0cm

SCALE UP

#02 上原 真衣
獣と闘う女神

現代において私たちを蝕む獣とは何でしょう。家族でしょうか、社会でしょうか、国家でしょうか。あらゆる情報が蔓延しSNSが発達する中で、私たちは情報の中の敵と闘い己の正義や善意を暴力の如く振りかざしている様に思います。本当の敵はどこにいるのでしょう。私たちの内側でしょうかそれとも近い将来に訪れる世界にでしょうか。私たちは何と闘うべきなのか、勝利の女神とは何か、そんな問いを投げかける作品を作っています。

  • 素材陶土、磁土、釉薬、上絵具、金彩
  • サイズ43.0 × 33.0 × 44.0cm

SCALE UP

#03 岡村 和真
Die Gabe(恩物)

自分の心の中を素直に正直に表現しました。アートはいつだって愛と平和に向かっていて他の何にも代えられない、かけがえのないもので、そんなアートの力を使って表現したいことが表現できる環境、自分を支えてくれている人々、表現者、芸術に心から感謝します。

  • 素材ダンボール、ペンキ塗料
  • サイズ270.0 × 700.0 × 280.0cm