学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
短期大学 美術学科

デザイン分野 暮らしのグッズデザイン領域

デザイン分野 暮らしのグッズデザイン領域

使いやすさと優しさを、
デザインする。
使いやすさと優しさを、デザインする。
デザインするときに大切なことは、人の役に立つものをつくること。自分の価値観だけにとらわれず、使い手の気持ちを考える力が求められます。暮らしのグッズデザイン領域では、木、金属、ガラス、布、土など、さまざまな素材の加工技術を学び、雑貨、家具、食器など、人の暮らしに根ざしたグッズをデザインすることで、実践力を養っていきます。
学生インタビュームービー
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01.人の暮らしのためのデザインを学ぶ。
ユニバーサルデザインを意識した、使いやすく、人の暮らしを見つめた優しいデザインを学びます。描くことを通じてイメージを具体的な形にすることから始めます。
02.素材の数だけ、広がる進路。
金属、ガラス、木、土、樹脂など、さまざまな素材を使ったグッズデザインの課題をこなし、工具の使い方や素材の特性を学びます。扱える素材の数だけ、卒業後の進路も広がります。
03.就職のための指導も万全。
フォトショップや3DCADなど就職に有利なデジタルスキル指導、ポートフォリオ制作のための写真撮影技術、業界関係者に対するプレゼンの体験など、例年8~9割という高い就職率を出すための指導体制を敷いています。
カリキュラム概要
イメージを形にする
ものを描きながら、頭の中のイメージを具体的な形にするトレーニングを行います。同時に、さまざまなグッズのあり方についても考えます。
道具や素材を知る
木、金属、ガラス、布、土を使った雑貨のデザインを行いながら、道具の使い方や素材の特性を理解します。また、プレゼンテーション力も養います。
プロダクトを構想する
製図の実習などに取り組みながら、具体的なプロダクトの構想に取りかかります。同時に、暮らしのためのデザインとは何かを考えます。
卒業制作に取り組む
自由なテーマで卒業制作に取り組みます。完成作品をスタジオで撮影し、美しいプレゼンテーションボードで発表します。
卒業後の進路

多くの卒業生がクリエイティブの現場で活躍しています。プロダクトデザイナー、グラフィックや広告デザイン、キャラクタービジネスや商品企画、イラストレーターなど。四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人も多数います。

将来の職業像
プロダクトデザイナー/雑貨デザイナー/アクセサリーデザイナー/ジュエリーデザイナー/フードコーディネーター/家具デザイナー/インテリアデザイナー/グラフィックデザイナー/パッケージデザイナー/ディスプレイデザイナー/店舗設計者/舞台美術スタッフ/映画・TV製作スタッフ/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)/専攻科進学/3年次編入学 ほか
学生作品

SCALE UP

#01 宇佐美 有希
GOKAKU

ハレの日に使用する酒器を制作しました。邪気を祓い幸運を呼び込む形とされている五角形を用いたデザインになっています。お酒の温度が変化しにくく、風味を長く楽しめるように工夫しました。花が開いて見えるように並べて置くことができます。

  • 素材プロトタイプ、ホワイトメタル、バルサ
  • サイズ6.5 × 6.5 × 3.5cm

SCALE UP

#02 桐山 梨花
White Arabesque

アラベスク文様をモチーフとしたブランケットライトを制作しました。ライトをつけるとアラベスク文様が浮かび上がり、スリットから美しい光が広がります。

  • 受賞2018年度制作展 同窓会賞
  • 素材PP板、シナベニヤ
  • サイズ小φ22.0 × 11.5cm、 中φ30.0 × 11.5 、大φ35.0 × 11.5cm

SCALE UP

#03 大前 日和
揺卵

世の中の疲れた大人をいやすためのゆりかごです。
ひとりだけの空間を感じられるように、カプセル型にしました。

  • 素材シナベニヤ、ラワンベニヤ
  • サイズ110.0 × 138.0 × 90.0cm