学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
短期大学 美術学科

マンガ・コミックアート分野 コミックアート領域

マンガ・コミックアート分野 コミックアート領域

日本生まれの
新しいアートを究める。
日本生まれの新しいアートを究める。
コミックアートは、マンガやアニメーションの影響を受けながらも、その枠にとらわれない新しいビジュアルアートとして日本で生まれ、年々活躍の場が広がっています。デッサンなどの基礎から、デジタル表現、アナログ表現にいたるまでバランスよく学びつつ、第一線で活躍しているアーティストの指導を受けられることも大きな特色。教員の活動から自分の方向性をイメージし、仕事への取り組みを学びます。
学生インタビュームービー
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01.最前線のアーティストによる指導
アナログからデジタルまで、使用画材も画風も異なるさまざまなアーティストがオムニバス形式で直接実技を指導。各作家の特色を生かした課題、デモンストレーションなどテクニックの公開、作家活動についてのアドバイスなど、技術にとどまらない指導が受けられます。
02.学外コンペや個展に挑戦
学生は、在学中から学外コンテストに挑戦したり、学内外で企画展・個展を開催するなど、発表をめざして制作し、プロモーションをするプロセスも学びます。テクニックの向上だけではなく、コンセプトを意識し、いかに作品を提示するかを考えます。
03.実物、社会、自然に立ち帰る
まず、作画力の基礎となるデッサン、クロッキーをしっかり学びます。また京都・嵐山の自然美や歴史遺産に取材に行くなど、空想の世界を描くコミックアートだからこそ、創作の足がかりとなる実物、社会、自然から学ぶことを大切にしています。
カリキュラム概要
表現の基礎を学ぶ
デッサン、ドローイング、クロッキー、立体モデリングを通して、人の形やモノの構造を理解します。また、デジタルとアナログ、両方の基礎を学びます。
表現技術を磨く
色彩、画面構成、テクスチャー、背景表現などについて学びつつ、デジタルとアナログの作画技術を高めます。
自分だけの作風を確立させる
アナログ、デジタル共により専門的な技術を学び、さらにそれを応用して自分だけにしか表現できない独自の作風確立を追求します。
卒業制作に取り組む
オリジナリティのある新しいコミックアートを追究し、卒業制作として形にします。現役アーティストの教員もアドバイスを行います。
卒業後の進路

「コミックアート」という領域は、ライトノベルの表紙やゲームのキャラクター、また漫画やアニメのキャラクターとコンテンツ産業の基礎的部分が多く、これからさらに飛躍することが期待されています。

将来の職業像
イラストレーター/キャラクターデザイナー/ゲームグラフィッカー/アニメーター/画家/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)/専攻科進学/3年次編入学 ほか
学生作品

SCALE UP

#01 鎌倉 あや乃
Cross × Over

“萌え×燃え” をテーマにした家庭用2D格闘ゲームの想定作品です。今や多くの人に好まれている“萌え” ですが、そこに“燃え” るアクションを取り入れ、さらに各世代のさまざまな趣向を持つ男女に気に入ってもらえるように個性豊かなキャラクターを制作することを意識しました。また、よりリアルにするために、実際にメディア展開したときのことも考え、実際に作られていそうなグッズを制作しました。

  • 受賞2016年度制作展 教育後援会奨励賞
  • サイズ180.0 × 180.0 × 50.0cm

SCALE UP

#02 宮尾 綾
乾いた血と不透明なミルク

「曖昧を確かな形へと変える」をテーマとし、性の曖昧さをより魅力的に描くことを試みた。簡単に人間の性別を区別する方法はあれど、彼らが認識する自身の性は彼らにしかわからない。生物としての性と認識する性は必ずしも一致しないということはもう幅広く認知されてはいるものの、やはりすべてが受け入れられたとはいいがたい。私が魅力を感じる曖昧さをもっと多くの人々に受け入れられるよう企画した。

  • 受賞2019年度制作展 美術学科賞
  • 素材アクリル
  • サイズ150.0 × 160.0cm