学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
短期大学 美術学科

マンガ・コミックアート分野 マンガ領域

マンガ・コミックアート分野 マンガ領域

「マンガ」という
総合芸術を学ぶ。
「マンガ」という総合芸術を学ぶ。
マンガは絵を描く表現力だけでなく、ストーリーの発想力、画面の構成力、文章力などを総合して生み出されます。プロのマンガ家はもちろん、マンガ表現を生かしたアーティストの育成も目標にしています。さまざまな知識や教養を身につけ、広い視点を持ち、世界に誇るマンガ文化を支える人間に成長しましょう。
学生インタビュームービー
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01.基礎から応用まで丁寧に学ぶ
マンガを描くのは初めての方から、作品を描き上げる力をすでに持っている方まで、いろいろなマンガの技術を磨き、早くから作品制作に取り組んで実作の中で学んでいきます。
02.演出やデジタル技術でレベルUP
マンガ家やシナリオ、編集のプロ、デジタルの高い技術を持った教員からマンガのテクニックを学びます。個別指導を基本に、持込み・投稿をめざして作品のレベルをあげ、WEBコミックへのアプローチも推奨しています。
03.仲間と共にマンガ家をめざす
マンガ誌編集者を招いたり、持込み研修旅行を実施するなど、積極的にマンガ家デビューをめざしている人への指導をしています。出来上がった課題作品は作品集SAGAMANに掲載。これが編集者の目にとまることも!
カリキュラム概要
基礎テクニックを磨く
マンガ表現に必要なテクニックを身につけるため、デッサンやドローイングを学びます。同時に、ネーム作りの学習でストーリーの基本と構成・演出を身につけます。
短編作品を制作
アナログの表現技術はもちろん、デジタルの表現技術もしっかり学びます。手描きのテクニックやマンガ制作ソフトを使い、短編作品の制作に挑戦します。
投稿マンガ作品を制作
構成力、企画力、演出技術を磨き、本格的なマンガの制作に挑戦。投稿や持ち込みを目指す作品を仕上げます。来学した編集者に講評を受ける機会もあります。
卒業制作に取り組む
アナログマンガとデジタルコミックのどちらかを選んで、卒業制作を完成させます。作品は、本学の作品集『SAGAMAN』に掲載されます。
卒業後の進路

多くの卒業生がマンガを含むクリエイティブの現場で活躍しています。四年制大学に編入する人、専攻科に進学しながら引き続きマンガ作家デビューをめざす人も多いです。

将来の職業像
マンガ家/イラストレーター/キャラクターデザイナー/グラフィックデザイナー/ゲームグラフィッカー/絵本作家/アニメーター/マンガアシスタント/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)/専攻科進学/3年次編入学 ほか
学生作品

SCALE UP

#01 加藤 好紗
Song for…

日常は、自分次第で大きく変わる。中学三年生、進路に悩む少年のお話です。初めて線画から全部デジタルで描いた作品です。歌うシーンは、音がない漫画でどう表現しようかと悩みましたが、デジタルの力を借りながら、楽しく描けました。

  • 受賞2018年度制作展 美術学科賞
  • 使用ソフト

     

    CLIP STUDIO
  • 仕様34Pマンガ

SCALE UP

#02 繁光 菜穂子
裏表プリンス

本が大好きで図書委員に入った主人公。そこで皆の憧れの王子様、占部魁斗と親しくなったが、あるとき、彼の“裏の顔” を見てしまう。表は、優しい王子様。裏はまさかのドSな俺様! 裏の顔を見られた占部魁斗に「お前、明日から俺の奴隷(ペット)な。」と言われ――。

  • 受賞2018年度制作展 教育後援会奨励賞
  • 使用ソフト

     

    CLIP STUDIO PAINT EX
  • 仕様28Pマンガ

SCALE UP

#03 吉村 拓真
逃避行

ペン入れまではアナログで、トーンなどはデジタルでしました。丁寧に描くことを心掛けました。楽しかったです。

  • 受賞2019年度制作展 大覚寺賞
  • 技法・仕様32Pマンガ マンガ原稿用紙、ペン、インク、CLIP STUDIO