学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
短期大学 美術学科

美術分野 日本画領域

美術分野 日本画領域

日本古来の画材と、
新しい表現の融合
新しい表現の融合
日本画領域では、今では日本にしか残っていない稀な画材を用いて表現します。
今、生きている自分の感覚と、伝統的な素材が秘める新しい表現の可能性を探求していきます。
新しさと伝統が共存する京都・嵐山で、自分の日本画を探しましょう。
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01.さまざまな画材と技法に触れる
1年次から岩絵具や和紙、墨、膠(にかわ)などの日本画の専門画材に数多く触れ、基礎知識や使用法をマスターします。さらに油彩やアクリルなども体験します。「描く」ためのさまざまな技法を学ぶことで、幅広い表現力を身につけます。
02.写生を重視。外に出て京都を描く。
キャンパスから一歩外に出ると、そこは自然美と歴史遺産のあふれる京都・嵐山。学外に出て写生をおこない、表現力を高めます。日本画を学ぶうえで最高の環境があなたを待っています。
03.十分な広さの制作スペース
一人ひとりに十分な広さの制作スペースが与えられ、大作でも床に寝かせて描くことができます。自分だけの制作スペースで作品と徹底的に向き合い、自己の内面をも探究してください。
カリキュラム概要
日本画の画材の魅力を探る
岩絵具など、日本画の素材の扱いをじっくりと学んでいきます。古くからある画題を中心に、描く基礎を身につけます。
外の世界から内の世界を探る
屋外での写生を行いながら、自分がときめくモノやコトが何かを探ります。進級制作では表現したい世界を一度模索し、2年次に向けて課題を整理します。
自分のリアリティについて探る
さまざまな角度から自分自身のリアリティを見つめ、それに必要な技術を探ります。学内展をはじめ発表についても意識していきます。
卒業制作へ
等身大の自分と表現に向き合い制作します。いま自分が描くことの意味を探しながら、これからの自分のあり方の礎を築きます。
卒業後の進路

多くの卒業生が創作の現場で活躍しています。各種コンクールへの参加や個展の開催などを目指し、作家活動を続ける人、四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人。また、描写力の技術を活かし、デザインやイラストの分野に進む人も多数います。

将来の職業像
日本画家/佛絵師/伝統産業作家/美術作家/イラストレーター/アニメーター/マンガ家/デザイナー/舞台美術スタッフ/映画・TV製作スタッフ/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)/専攻科進学/3年次編入学 ほか
学生作品

SCALE UP

#01 木村 なな
穏やかなひだまり

猫はいろんな表情を持っていて、とても感情が豊かです。そんなユーモアあふれる猫を表現したいと思って描きました。特にこの猫には普段から心をほぐしてもらっているので、感謝のような気持ちも込めています。

  • 受賞2018年度制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材キャンバス、岩絵具、水干絵具、膠
  • サイズ162.1 × 130.3cm

SCALE UP

#02 竹下 麻衣
波のかたち

生命力とは、波のようだと私は思う。
静かに流れをつくり、私たちを取り囲んでいる。そんなとき、祖母の畑の葡萄の木を見た。葉が茂っている様子だったり、根元でのつながりが、生命力と結びつき、大きなひとつの波のようだった。生き生きとした私なりの波を模索しつづけたい。

  • 受賞2019年度制作展 同窓会賞
  • 素材高知麻紙、岩絵具、水干絵具、銀箔、膠
  • サイズ162.0 × 340.0cm