学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
短期大学 美術学科

美術分野 洋画・現代アート領域

美術分野 洋画・現代アート領域

自分だけの表現を
見つけよう。
表現する喜びを体験しよう
自分自身が求める表現を見つけ、実現すること、人に伝えること。そのために必要な基礎を作る場となります。デッサン、ドローイング、油彩、アクリルなどの絵画の表現から、写真、映像、立体、コンピュータを使った先端表現まで、自由に選択することができます。一人ひとりが表現したいことを自由に探究し、創造性に満ちた「私」の作品制作をめざします。
制作風景
  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

  • SCALE UP

特長・特色
01.洋画から現代アートまで自由に選択
ドローイング、絵画などの描写、技法習得から、 実験的なワークショップ、写真、映像、立体、インスタレーションまで 一人ひとりの目的に応じて、洋画と現代アートの課題から自由に選択して学びます。
02.「見る力」「描く力」「作る力」の基本を学ぶ
美術の歴史、思想、技法から学び、今という時代の絵画、美術表現を探求します。 ひとりのアーティストとして何を表現するのか。 それに向き合うために必要となる根本的な力を身につけます。
03.十分な広さの制作スペース
一人ひとりに十分な広さの制作スペースが与えられ、大作の制作も可能です。 自分だけの制作スペースでゆっくりと作品に向き合い、 オリジナリティーあふれる美術表現に挑戦してください。
カリキュラム概要
描く基礎・作る基礎
油彩やドローイング、映像、立体などから自分にあった美術表現を選び、その基礎を素材に触れながら身につけます。
表現の技術を身につける
現代作家の技法や考え方を学びながら、素材の特徴や可能性に気づき、自分の制作に活かしていきます。
美術のテーマに挑戦する
1年次に習得した技術を駆使し、与えられたテーマに対して絵画や立体、映像など、各自の表現意図に適したメディアで制作します。
卒業制作へ
自分自身の表現として作品を制作する、そしてそれを展示し発表する。社会とコミュニケートする卒業・修了制作展は大切な機会です。スケールの大きな発表をめざしましょう。
卒業後の進路

多くの卒業生が創作の現場で活躍しています。各種コンクールへの参加や個展の開催などを目指し、作家活動を続ける人、四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人。また、技術を活かし、アニメーション映画の背景を制作したり、イラストやデザインの分野に進む人も多数います。

将来の職業像
画家/美術作家/映像作家/写真家/イラストレーター/アニメーター/マンガ家/デザイナー/舞台美術スタッフ/映画・TV製作スタッフ/ギャラリスト/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)/専攻科進学/3年次編入学 ほか
学生作品

SCALE UP

#01 下中 真由
逆立ちドローイング

私は自分のしたいときにしたい場所で逆立ちドローイングを行っている。逆立ちをして口にくわえた筆を動かす。体のバランスをとりながらドローイングをしても、うまくコントロールができず、筆は想定外の方向へ進む。その不慣れな感覚が面白い線を偶然に生み出すこと、これが逆立ちドローイングの良さだと感じている。

  • 受賞2018年度制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材紙、油絵具
  • サイズ21.0 × 29.7cm

SCALE UP

#02 古島 朋実
みてみて、わたしのこと。

太陽にまけないくらい大きくなって、わたしがみんなを照らすの。

  • 受賞2019年度制作展 同窓会賞
  • 素材アクリル絵具、ダンボール
  • サイズ153.0 × 111.0cm