学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

University Introduction

教員紹介

岩﨑 陽子    いわさき ようこ
IWASAKI Yoko

短期大学 美術学科 准教授
芸術学部 准教授

岩﨑 陽子
担当科目 芸術学、造形思潮研究、人間論、美術と批評、近現代絵画論、現代美術研究、現代芸術研究、文章表現演習
専門ジャンル 美学・芸術学・哲学
Aesthetics, Art theory, Philosophy
学位 博士(文学)大阪大学 
Ph. D.
研究および制作テーマ 美学・芸術学(絵画論)、フランス哲学、香道研究、香りのアートプロジェクト、香りのユニバーサルデザイン
Aesthetics, Art theory, French Philosophy, Research of the Kodo, Olfactory Art Project, Olfactory Universal Design
学会・団体 美学会、民族藝術学会、意匠学会、メルロ=ポンティ・サークル、文芸学研究会、Perfume Art Project、味と匂い研究会
メッセージ

現代を生きる制作者(アーティスト、デザイナー、その他多くの表現者)には、「制作に思想や理論は必要か」という問いかけが大切です。
そんな問いが心の中で芽生えたら、ぜひ私の研究室を訪れてください。
岩﨑研究室は誰にでも開放されています。
たくさんの本に囲まれて、美味しいお茶を飲みながら、さまざまなことを一緒に考えてみませんか?
また、学生さんや海外のアーティストと一緒にいろいろなアートプロジェクトを企画しています。

http://perfumeartproject.com/

貴重な大学生活、課題だけでは満足しない人は積極的にご参加ください。

I am an aesthetics researcher with roots in French aestheticism, focusing on art and the body. Particularly in recent years, I have been carrying out research and practice examining art concerned with taste and smell.


I began my research by building on M. Merleau-Ponty and H. Bergson’s theories of the body and E. Levinas’ theory of the other. Beginning in 2000, I developed a deep interest in the traditional Japanese art of Kôdô, “the way of the fragrance,” and I have since been practicing it myself. Kôdô is the only traditional art in the world to have elevated fragrance to the level of art, and while it flourished during the 15th century alongside the tea ceremony and flower arrangement, it is a little-known art form, even in Japan.


Since taking up Kôdô, I have become involved in research concerning smell and taste, subjects largely neglected in traditional Western schools of thought. Thus, my research now focuses on the complete state of the human body, including not only the senses of sight and hearing, which have been mainstream when examining the philosophy of the body, but also the senses of smell and taste.


In 2011, I accepted a post at Kyoto Saga University of Arts, working as a teacher at a site where real artistic practice is constantly taking place. In this position, I have presided over a smell and taste research society and established a research society for teaching staff. Additionally, I launched the Perfume Art Project, allowing students to incorporate fragrance into their art, and I have also facilitated the exchange of fragrance art between students in Japan and France, visiting France several times myself. Both France, which recognizes the artistry of perfume, and Kyoto, the birthplace of the world’s first fragrance art, possess incredible sensibilities when it comes to fragrance. Exchanges between these two countries proved to be an intriguing experiment that highlighted the differences in each country’s attitude toward fragrance. Since 2015, I have participated in such activities as an exhibition coordinator, facilitating successful exchange between Japan and France.
(See http://perfumeartproject.com/)


Through these experiences, I have continuously conciliated the elaborate theory backed by the academic studies I deal with in my research with the actual state of art practice at the site where it takes place. I strive to avoid focusing too fully on either theory or practice, instead developing aesthetic theories while overseeing the creation of works of art, thus striving to advance the fusion and development of both. It is for this reason that I am not only active in the academic scene, but also involved in research and art practice that is accessible to ordinary people!

作品および活動に関する写真
研究および制作活動の概要

・身体論を軸とするフランス美学(メルロ=ポンティ、ベルクソン、レヴィナスの思想)
・香道研究(世界で唯一の香りの芸道を哲学的に考察)
・香りとアートのプロジェクト(形なき香りを使って造「形」芸術を作る挑戦、海外との連携)
・香り・匂いによるユニバーサルデザイン(高齢者施設で香りを使ったQOL向上のアートによる試み)
・食と芸術(食べることと芸術の関係を考察)

Research and Scholarly Activities


2017

Yoko Iwasaki, lecturer of the olfactory workshop with students, at North Alps Field Institute presented Tadashi Kawamata, April 2017

Yoko Iwasaki, “Why is an olfactory art so interesting: beyond the ordinary theory on the body”, Bulletin of Osaka University Aesthetics laboratory No. 17, pp24-37, March 2017

Yoko Iwasaki, Invited lecture, What is the Kodo?: The Traditional Japanese Art of Scents and Synaesthesia, Toulouse university, France, 9 March 2017.

Yoko Iwasaki, Invited intensive course in Toulouse University, 27 February – 22 March 2017

Yoko Iwasaki and 3 other authors, The report on the educational activities, On the participating in the “tower of scaffolding” by Tadashi Kawamata, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 42, pp37-42, March 2017

Yoko Iwasaki and Tsubasa Kokumai, “Olfactory art appreciation: theory and practice”, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 42, pp1-12, March 2017

Yoko Iwasaki, The report on the educational activities, On the students’ exchange of olfactory art program between Kyoto and Saint-Etienne 2016, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 42, pp25-36, March 2017

Yoko Iwasaki, Activity report、taste and smell study group activity report of the year 2016, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 42, pp19-24, March 2017


2016


Yoko Iwasaki, Invited lecture, The necessary conditions for olfactory art, Central Saint Martins LONDON, 7 December 2016.

Yoko Iwasaki, Oral translation, Chantal JAQUET, La fragrance et la musique ou l’invention d’un art «sonolfactif » (Fragrance and music ―Fusion of sound and smell(sonolfactif)Creation of art); Hosted by Doshisha University Institute of Humanities 89th Public conference/Aesthetics National Academic Speech planning Convention; Doshisha University Kanbai Building 1st floor Hardy Hall, October 9th, 2016

Yoko Iwasaki, Translation, Yolaine Escande “Ippin as an aesthetic category : from books of Chinese art theories to paintings », Tsunemichi Kanbayashi, Noriko Kaya and Katuhisa Kakuda edition « The Tradition and Transformation of "Aesthetics of Writing" in East Asia »; Sangen company, Included pp. 112‐143, April 2016

Yoko Iwasaki, Aroma as art: How fragrances can become art; 1st research on luxury goods; 1st Luxury goods study Assembly; pp. 28-35, March 31st, 2016

Yoko Iwasaki, Activity report, taste and smell study group activity report of the year 2015, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 41, pp15-18, March 2016

Yoko Iwasaki, The manuscript for the lecture, Le parfum et l’invisible:le décentré dans la culture japonais, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 41, pp19-24, March 2016

Yoko Iwasaki, The report on the students’ education, On the students’ exchange of olfactory art programme between Kyoto and Paris 2015, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 41, pp51-54, March 2016

Yoko Iwasaki, Academic Journal, – “Conference report « Report of the international meeting and conference related with Olfaction-smell at France-Paris » ; AROMA RESEARCH Special edition:Faculty of plants to emit fragrance; No. 65; February 28th, 2016, p.84-85.


2015


Yoko Iwasaki, Academic Journal, « Black Hair and Madeleine, from the standpoint of ´smell aesthetics´ »; AROMA RESEARCH Special edition:Visualize the fragrance, I think like this ― No. 64、November 28th, 2015, p.62-63.

Takehiko Sakata, Yoko Iwasaki, Conference presentation, “A report on an investigation and study of the memories with the smell of elderly people: from a point of view of the universal design by the smell”, 49th Japan taste and smell Society Convention; Gifu Jyuroku Plaza, September 26th, 2015

Yoko Iwasaki, Translation, Chantal Jaquet « The philosophy of the smell, the world of art and the beauty built by fragrance », Koyo bookstore; August 30th, 2015

Takehiko Sakata, Yoko Iwasaki, Panel discussion “Thinking on Universal Design for Fragrance “; 57th Design Society Assembly, Mukogawa Women’s University; July 26th, 2015

Yoko Iwasaki, La possibilité de la nouvelle reconnaissance de l'espace et l'art olfactif japonais, dans L'art contemporain olfactif (sous la direction de Chantal Jaquet), Classiques Garnier, June 2015

Yoko Iwasaki, Invited lecture, “Fragrance and invisible things, regarding Japanese culture “The absence of a center(décentré)”, Conference “Fragrance art aesthetics”; Cultural Hall Paris-Japan; in Paris May 9th 2015

Yoko Iwasaki, Activity report、taste and smell study group activity report of the year 2014, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 40, March 2015

Yoko Iwasaki, Research materials(Interview), ”Interview to Professor Hakosaki Mutsumasa « Why there are not (or few) self-portraits in Japanese painting? », Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 40, March 2015

Yoko Iwasaki, “Regarding the art of fragrance about «space understanding » and « Invisible things »”, Bulletin of Kyoto Saga University of Arts No. 40; March 2015

Yoko Iwasaki, Symposium Panelist, Symposium of the Aesthetics Society at Hiroshima University, “Aesthetics in food culture, aesthetics in taste and taste in aesthetics”, Assertion “Art and Food, can food become an art?”; February 28th, 2015


2014


Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Odor and art, towards the expansion of body theory aesthetics” ; 300th Occidental Aesthetics Association Convention(Osaka University), September 27th, 2014

Yoko Iwasaki – “ Secret Kôdô Script, performance of an unparalleled scent spread by a flower in Muromachi period , co-authored” ; Anthology of classical literature in art theory, Oriental text; Faculty of arts, June 2014; pp. 313-320

Yoko Iwasaki, French oral presentation, La possibilité de la nouvelle reconnaissance de l'espace et l'art olfactif japonais, COLLOQUE INTERNATIONAL LA CREATION OLFACTIVE,
Les 23 et 24 Mai 2014 à la Sorbonne (Organisé par Chantal JAQUET, Roland ALESSE, et Didier TROTIER)

Yoko Iwasaki, “Fragrance and words, an essay for the recognition of a living space”, Literature research No.18, pp. 1-20; March 31st, 2014


2013


Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Fragrance and words, an essay for the recognition of a living space”, Literature Study Society(Osaka University); June 22nd, 2013


2011


Yoko Iwasaki, “Propagation of exchanges; Possibilities of expansion of an aesthetic sensibility theory”; Merleau-Ponty’s investigation No. 15; pp. 2-23; September 2011


2010


Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Propagation of exchanges -Possibilities of expansion of an aesthetic sensibility theory”; 16th Merleau-Ponty Cirlce Japan Conference (Waseda University)August 18th, 2010

Yoko Iwasaki, “Questioning a completely controlled plant factory, From a physical perspective”, Human security and Science; July, 2010

Yoko Iwasaki – “Scenes from the Kumiko: Kôdô Rannosono, Ethnic arts, No. 26; pp. 205-21; March, 2010


2009


Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Questioning a completely controlled plant factory, from the point of view of human physicality”; 5th Human security and Science Research Conference; August 8th, 2009

Yoko Iwasaki, “Le parfum et le signe : à propos du Genji-kô-no-zu”, AESTHETICS, APRIL 2009, NUMBER 13, Edited by The Japanese Society for Aesthetics, p. 141-151

Yoko Iwasaki, “Eating together and Empathy: Shirobanba by Yasushi Inoue”, Literature research(Literature Study Society of Osaka University); No. 13; pp. 1-21; May, 2009

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Kyoto in the Kumiko (fragrance released from burning several varieties of scents)”, Research convention of the Ethnic Art Association, Kyoto Zokei University of Arts and Designs, 2009

Yoko Iwasaki, “Possibilities of theories on art of Merleau-Ponty, from the point of view of Contemporary Art”, included in “Where does the art come from and where does it go?”(editorial supervision by Hiroshi Okabayashi), Koyo bookstore, pp. 392-406, 2009

Yoko Iwasaki, “Social security and insecurity, what does it mean to be protected?” (Robert Castell, translation supervised by Shigeyoshi Niwata), Kizasu bookstore, 2009


2008


Yoko Iwasaki, “The body and the art -Henri Bergson and Merleau-Ponty”, included in “Let’s learn about art INVITATION TO ART THEORY”(Hiroshi Okabayashi’s editorial supervision), pp. 140-150, Random House Kodan company, October 22nd 2008

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Tales and food, aesthetic consideration of eating together”, 36th Literature Research Society Convention (Kobe University), September 23rd, 2008

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Food in literature, eating together and empathy”, 4th Human security and Science Research Conference, September 6th, 2008

Yoko Iwasaki, “Cooking and the body: Results of examining rice balls”, “Annual report of Human Security Doshisha University Research Center” No. 5, pp.90-109、March 31st, 2008


2007


Yoko Iwasaki, “Personal wares and Security - Diet from a personal space perspective” “Annual report of Human Security Doshisha University Research Center” No. 4, pp. 41-62, March 31st, 2007


2006


Yoko Iwasaki, “Fragrance and Symbols: Genji-ko-no-zu illustration”, “Design Theory” volume 49, pp. 3-17, October 31st 2006

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Relief on food and personal wares -From the body and its relationship”, 2nd Human security and Science Research Conference, September 9th, 2006

Yoko Iwasaki, “Food, anxiety and life -Risk and communication seen after the occurrence O-157”, “Human security and Science” first issue Essay pp. 41-59, July 1st, 2006

Yoko Iwasaki, “Regarding ‘Relief’ in food -Personal space on diet”, “Annual report of Human Security Doshisha University Research Center” No. 3, pp. 148-169, March 31st, 2006


2005


Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Food, anxiety and life -Risk and communication seen after the occurrence O-157”, 1st Human security and Science Research Conference, September 10th, 2005


2004


Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Fragrance and Symbols: Genji-ko-no-zu illustration”, 46th Convention of the Design Society (Seianzokei University), November 21st, 2004

Yoko Iwasaki, “The possibility of Communication through artworks”, “Art/Critics” No. 1, pp.3-26, September 30th, 2004

Yoko Iwasaki, “Possibilities of theories on art of Merleau-Ponty -From the point of view of Contemporary Art”, Merleau-Ponty’s research” No. 9, pp.69-88, July 30th, 2004 – Publication issue(Printed in July 20th, 2005)

Yoko Iwasaki, “Art and the sense of smell: The traditional Japanese art of scents (ko)”, AESTHETICS: Looking at Japanese culture, No.11, pp. 62-67, March, 2004


2003


Yoko Iwasaki, “Fragrance and Art over traditional Japanese art (Kôdô)”, Bulletin of Nara Art College, First issue, September 1st, 2003


2002


Yoko Iwasaki, “Art and the sense of smell: The traditional Japanese art of scents (ko)”, - THE GREAT BOOK OF AESTHETICS: The 15th International Congress of Aesthetics Japan 2001 (CD-ROM), October 23rd, 2002

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Expressions and others -From Merleau-Ponty to Emmanuel Levinas”, 245th Research Presentation of the Aesthetics Association Occidental Assembly(Osaka University), September 27th, 2002

Yoko Iwasaki, Exhibition review, “Art exhibition of Gandhara and Silk Road”, Osaka Daily Newspaper “Visiting Kansai Art”, September 25th, 2002

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “In the space between theory and practice -Possibilities of theories on art of Merleau-Ponty”, 9th convention of Merleau-Ponty cercle (Osaka University), 21st September, 2002

Yoko Iwasaki, “What is literature? -Silence and words of Merleau-Ponty”, Literature investigation (Literature Study Society of Osaka University)No. 5, pp 1-25, 1st March 2002

Yoko Iwasaki, “The exploration of invisible things; Ontology and paintings of Merleau-Ponty”, Doctor’s degree received from Osaka University department of Letters. Accreditation of academic degree due approval of thesis, 25th March, 2002

Yoko Iwasaki, Oral Presentation, “Silence of perception and Silence in words, regarding Merleau-Ponty’s literature”, 10th Research group of literature department presentation(Osaka University), 2nd March, 2002


2001


Yoko Iwasaki, “Freedom, creation and life of -Distrust of Cezanne- by Merleau Ponty”, “Machikaneyama’s essay collection” Aesthetics compilation no. 35, pp. 29-51, December, 2001

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “The art in the bond of sense and ideas of -The visible and the invisible- by Merleau-Ponty”, 52nd National Convention of the Aesthetics Society(Waseda University), 8th October 2001

Yoko Iwasaki, Oral presentation, “Art and Olfaction: over Japanese traditional art (scent)”, 52nd National Convention of the Aesthetics Society(Waseda University), 7th October 2001

Yoko Iwasaki, English oral presentation, “Art and the sense of smell: The traditional Japanese art of scents ( ko ) ”, 15th International Aesthetics Congress(Kanda University of Foreign Studies), 30th August, 2001

Yoko Iwasaki, “Questions and Paintings of Merleau-Ponty’s essay: The ontology of paintings”, “Aesthetic research”(Aesthetics laboratory bulletin of Osaka University)first issue, pp. 47-67, March, 2001


【学位論文】


「見えないものの探究 -メルロ=ポンティの存在論と絵画-」、大阪大学(文学)、2002年3月


【出版物(共著・翻訳)】


「身体と芸術―ベルクソンとメルロ=ポンティ―」、『アートを学ぼう INVITATION TO ART THEORY』所収、岡林洋監修)、140-150頁、ランダムハウス講談社、2008年10月22日

「メルロ=ポンティの芸術論の可能性―現代美術の視点から」、『芸術はどこから来てどこへ行くのか』所
収、(岡林洋他監修)、晃洋書房、392-406頁、2009年

『社会の安全と不安全―保護されるとはどういうことか』(ロベール・カステル著、庭田茂吉監訳、岩
﨑陽子訳)、萌書房、2009年

「香道秘伝書―室町時代に花ひらいた類なき香りの芸道」、『芸術理論古典文献アンソロジー 東洋篇』所
収、藝術学舎、313-320頁、2014年6月

La possibilité de la nouvelle reconnaissance de l'espace et l'art olfactif japonais, dans L'art
contemporain olfactif (sous la direction de Chantal Jaquet) , Classiques Garnier, june 2015

岩﨑陽子監訳、シャンタル・ジャケ著、『匂いの哲学―香りたつ美と芸術の世界』、晃洋書房、2015年8
月30日

岩﨑陽子訳、ヨーレン・エスカント著「美的カテゴリーとしての逸品―中国芸術論における書から絵画
へ」(神林恒道・萱のり子・角田勝久編『東アジアにおける<書の美学>の伝統と変容』、三元社、2016
年4月所収 112‐143頁)

香りと音楽―「音と匂いの融合」(sonolfactif)芸術の発明―、シャンタル・ジャケ著、岩﨑陽子訳、『同
志社大学人文研ブックレット』、2‐21頁、2016年11月

「香りのアートはなぜ面白いのか―従来の「身体論」を越えて」、美学研究a+a 第17号、24‐37頁、大阪大学美学研究室、2017年3月


【査読付論文】


「問いかけと絵画 -メルロ=ポンティの『絵画の存在論』-」、『美学研究』(大阪大学美学研究室紀要)
創刊号、47-67頁、2001年3月 

「自由・創造・生-メルロ=ポンティ『セザンヌの疑惑』より-」、『待兼山論叢』第三十五号美学篇、29-
51頁、2001年12月

「文学とは何か-メルロ=ポンティの沈黙と言葉-」、『文芸学研究』(大阪大学文芸学研究会)第5号、
1-25頁、2002年3月

THE GREAT BOOK OF AESTHETICS:The 15th International Congress of Aesthetics Japan 2001
“ Art and the sense of smell : The traditional Japanese art of scents ( ko ) ” 2003年10月23日 

“ Art and the sense of smell : The traditional Japanese art of scents ( ko ) ”AESTHETICS :
Looking at Japanese culture, No.11、pp.62-67、2004年3月

「メルロ=ポンティの芸術論の可能性 ― 現代美術の視点から ―」、 『メルロ=ポンティ研究』第九
号、69-88頁 、2004年7月30日発行(2005年7月20日印刷 )

「作品を介したコミュニケーションの可能性」、『芸術/批評』第1号、3-26頁、2004年9月30日

「食における「安心」をめぐって ―食のパーソナル・スペース」、『同志社大学ヒューマン・セキュリテ
ィ研究センター年報』第3号、148-169頁、2006年3月31日

「食・不安・生 ―O-157発生以降にみるリスク・コミュニケーション―」、『ヒューマンセキュリティ
サイエンス』創刊号、41-59頁、2006年7月1日

「香りと記号―源氏香之図をめぐって―」、『デザイン理論』49号、3-17頁、2006年10月31日 

「属人器とセクシュアリティ―食のパーソナル・スペースの観点から」、『同志社大学ヒューマン・セキ
ュリティ研究センター年報』第4号、41-62頁、2007年3月31日

「調理と身体―おにぎり調査の結果から」、『同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究センター年報』
第5号、90-109頁、2008年3月31日

「共食と共感 ―井上靖『しろばんば』より―」、『文芸学研究』第13号、1-21頁、2009年5月

“Le parfum et le signe : à propos du Genji-kô-no-zu”, AESTHETICS, APRIL 2009,NUMBER 13,
Edited by The Japanese Society for Aesthetics, p. 141-151.

「組香の情景―『香道蘭之園』考」、『民族藝術』第26号、205-214頁、2010年3月

「完全制御型植物工場を問う ―「身体性」の観点から」、『ヒューマンセキュリティ・サイエンス第4号、
2010年7月

「交換の伝播―美的感性論拡張の可能性」、『メルロ=ポンティ研究』第15号、2-23頁、2011年9月

「香りとことば―生きられた空間認識のための一試論」、『文芸学研究』第18号、1-20頁、2014年3月31日

「アートとしての香り―香りがいかにしてアートになりうるのか」、嗜好品文化研究第1号、嗜好品文化研究会、2016年3月31日、28-35頁。


【査読無論文】


「香りと芸術―日本の伝統芸術『香道』をめぐって―」、『奈良芸術短期大学研究紀要』創刊号、2003年9月1日 

「香りのアートにおける「空間把握」と「見えないもの」について」、京都嵯峨芸術大学紀要40号、
2015年3月

提言「黒髪とマドレーヌ~「香りの美学」の立場から~」、AROMA RESEARCH 特集:香りを可視化する―私はこう思う―64号、2015年11月28日、62‐63頁。

Le parfum et l’invisible :le décentré dans la culture japonais、京都嵯峨芸術大学紀要41号、19‐24頁、2016年3月

共著「香りのアート鑑賞法」、岩﨑陽子・國米翼、京都嵯峨芸術大学紀要42号、1‐12頁、2017年3月


【口頭発表】


“ Art and the sense of smell : The traditional Japanese art of scents ( ko ) ”、第15回国際美学会
議(神田外国語大学)2001年8月30日

「芸術と嗅覚 -日本の伝統芸術『香』をめぐって-」、 美学会第52回全国大会(早稲田大学)、2001
年10月7日

「芸術における感覚とイデーの絆-メルロ=ポンティ『見えるものと見えないもの』より-」、美学会第
52回全国大会(早稲田大学)、2001年10月8日 

「『知覚の沈黙』と『沈黙の言葉』-メルロ=ポンティにおける文学-」、第10回文芸学研究発表会(大
阪大学)、2002年3月2日  

「理論と実践の狭間で-メルロ=ポンティの芸術論の可能性-」 メルロ=ポンティサークル第9回大
会(大阪大学)、2002年9月21日 

「表現と他者―メルロ=ポンティからレヴィナスへ―」、 美学会西部会第245回研究発表会(大阪大
学)、2003年9月27日 

香りと記号 -源氏香之図をめぐって-」、意匠学会46回大会(成安造形大学)、2004年11月21日

「食・不安・生- O-157発生以降にみるリスク・コミュニケーション」、 第一回ヒューマンセキュリティ・サイエンス研究大会、2005年9月10日

「食の安心と属人器―身体との関係から」、 第二回ヒューマンセキュリティ・サイエンス研究大会、
2006年9月9日

「文学の中の食―共食と共感」、第四回ヒューマンセキュリティ・サイエンス研究大会、2008年9月6


「物語と食―共食の美学的考察」、第36回文芸学研究会(神戸大学)、2008年9月23日

「組香の中の京都」、民族藝術学会研究大会(京都造形大学)、2009年4月18日

「完全制御型植物工場を問う―人間の身体性の観点から」、第5回ヒューマンセキュリティ・サイエン
ス研究大会、2009年8月8日

「交換の伝播―美的感性論拡張の可能性」、メルロ=ポンティ・サークル第16回大会発表(早稲田大
学)、2010年9月18日

「香りとことば―生きられた空間認識のための一試論」、文芸学研究会(大阪大学)、2013年6月22


La possibilité de la nouvelle reconnaissance de l'espace et l'art olfactif japonais, COLLOQUE
INTERNATIONAL LA CREATION OLFACTIVE, Les 23 et 24 Mai 2014 à la Sorbonne(Organisé
par Chantal JAQUET, Roland ALESSE, Didier TROTIER)

「匂いとアート―身体論美学の拡張にむけて」、美学会西部会第300回(大阪大学)、2014年9月27日

「アートとフード―食はアートになり得るか」、第302回美学会ミニシンポジウム(広島大学)、「食
文化の美学―美学の中の味覚と味覚の中の美学」、2015年2月28日

招待講演、「香りと見えないもの―日本文化における『中心の不在(décentré)』」、講演会「香り芸術の美学」、パリ日本文化会館、2015年5月9日

坂田岳彦、岩﨑陽子、パネル発表「香りのUDを考える」、第57回意匠学会、武庫川女子大学、2015年7月26日

岩﨑陽子、坂田岳彦、「高齢者における匂いの記憶に関する調査と考察―香りのUDの視点から―(A report on an investigation and study of the memories with the smell of the aged: from a point of view of the universal design by the smell)、日本味と匂い学会第49回大会、岐阜じゅうろくプラザ、2015年9月26日

通訳、Chantal JAQUET、La fragrance et la musique ou l’invention d’un art « sonolfactif »(香りと音楽―「音と匂いの融合」(sonolfactif)芸術の創作)、同志社大学人文科学研究所主催第89回公開講演会/美学会全国大会学術講演企画、2016年10月9日(日)、同志社大学寒梅館1階ハーディーホール

招待講演(ロンドン美術大学附属セントラル・セント・マーティンズ美術大学より)、The necessary conditions for olfactory art, Central Saint Martins LONDON, 7 December 2016.

招聘講演、What is the Kodo?: The Traditional Japanese Art of Scents and Synesthesia、トゥールーズ大学、3月9日

【その他(展覧会評・聞書・研究会報告書)】


「ガンダーラとシルクロードの美術展」、 大阪日日新聞「関西美術探訪」(展覧会評)、2002年9月25


味と匂い研究会2012年度活動報告、京都嵯峨芸術大学紀要38号、2013年3月

味と匂い研究会2013年度活動報告、京都嵯峨芸術大学紀要39号、2014年3月

「箱崎睦昌先生ヒアリング「なぜ、日本画に自画像がない(少ない)のか」、京都嵯峨芸術大学紀要40
号、2015年3月

味と匂い研究会2014年度活動報告、京都嵯峨芸術大学紀要40号、2015年3月

展覧会評、「今/ここ」への二つの眼差しの交差と分岐―「うさぎと革命」展に寄せて、筧有子/上野千紗『うさぎと革命展』(2015年6月4日‐14日traceにて)、展覧会カタログ2-5頁。

「学会報告 フランス・パリにおける嗅覚・匂いに関わる国際会議と講演会の報告」、AROMA RESEARCH 特集:植物が発する香りの機能、65号、2016年2月28日、84‐85頁。

教育実践報告、「香りのアート/日仏学生交流―京都とパリ」、京都嵯峨芸術大学紀要41号、51‐54頁、2016年3月

味と匂い研究会2015年度活動報告、京都嵯峨芸術大学紀要41号、15‐18頁、2016年3月

教育実践報告、「香りのアート/日仏学生交流2016―京都とサンテティエンヌ」、京都嵯峨芸術大学紀要42号、25‐36頁、2017年3月

教育実践報告、共著「2016年度国内美術研修 川俣正「足場の塔」(奈良・大安寺)に参加して」、京都嵯峨芸術大学紀要42号、37‐42頁、2017年3月

味と匂い研究会2016年度活動報告、京都嵯峨芸術大学紀要42号、19‐24頁、2017年3月

展覧会評、岩﨑陽子、「錬金術師の夢―三宅章介の終わらない旅」、三宅章介×藤本秀樹/1973-2017、2017年2月28日‐3月19日、京都嵯峨芸術大学附属ギャラリーアートスペース嵯峨、2017年2月28日発行、展覧会カタログ4‐7頁。

展覧会評、「SF / SR / SP ―中井浩史の挑戦」、中井浩史個展案内状挿入文、2017年6月展覧会DM掲載


【競争的資金の獲得実績】


平成25‐27年度科学研究費「挑戦的萌芽研究」、「味と香り」による空間のユニバーサルデザイン、研
究分担者

平成27年度笹川日仏財団 日仏文化交流助成、「京都/パリ 香りのアート交流」、
プロジェクト代表

平成28年‐30年度科学研究費 「基盤研究B」、「懐かしい匂い」と創造活動による認知症の人の安心できる居場所作りとその効果検証」、研究分担者

平成28年度笹川日仏財団 日仏文化交流助成、「京都/パリ 香りのアート交流」、プロジェクト代表

平成28年度大和日英基金 日英文化交流「京都/ロンドン 香りのアート交流」、プロジェクト代表

平成29年度笹川日仏財団 日仏文化交流助成、「京都/パリ 香りのアート交流」、プロジェクト代表

平成29年度グレイトブリテン笹川財団 日英文化交流「京都/ロンドン 香りのアート交流」、
プロジェクト代表



【展覧会企画・キュレーション】


Perfume Art Project @De町(2015年10月9日)
Forme d’odeur展, Maison du Japon, Paris、2015年11月1日‐9日
黒髪とマドレーヌ展(Boris RAUX Maki UEDA)、京都芸術センター2015年12月19日‐12月27日
ここ・そこ・あそこ展、京都芸術センター、2016年7月1日‐7日
Odori Odori香りのパフォーマンス、サンテティエンヌ、パリ、2016年10-11月

略歴
2002年
大阪大学大学院 文学研究科 博士後期課程 修了(文化表現論専攻)
2002年
大阪大学にて博士取得(文学)
2002年
奈良芸術短期大学 非常勤講師
2003年
平安女学院大学 非常勤講師
2004年
同志社大学 ヒューマン・セキュリティ研究センター 特別研究員(PD)(2008年まで)
2008年
同志社大学 嘱託講師 (2010年まで)
2011年
京都嵯峨芸術大学短期大学部美術学科 専任講師 着任
2017年
嵯峨美術短期大学 准教授 
研究および制作活動の報告

2015年8月

岩﨑陽子監訳 『匂いの哲学―香りたつ美と芸術の世界』(シャンタル・ジャケ著、北村美央訳、晃洋書房)

哲学者は、芸術家は、小説家は、「匂い」をいかに表現するのか。
哲学の中で見落とされてきた「匂い」に焦点を当て考察する、比類なき著作。
香水や絵画、香りに基づく愛の表現といった匂いの持つ美しく華やかな芸術の世界と
野生的で、嫌悪感や死をも彷彿とさせる臭いのもつ生々しい現実の世界。かわるがわる読み解かれる二つのにおいが、人間存在の根本にかかわる問題をシビアにえぐりだす。