学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
大学 造形学科

  • 日本画・古画領域
  • 油画・版画領域
  • 複合領域

日本画・古画領域

日本画道を極め、
己を発見する。
日本画道を極め、己を発見する。
この領域では、「日本画道」を極めます。「日本画道」とは、受け継がれてきた画材・技法・画法を学び、美の真理や本質を探究する道のこと。その中で、私たちは日本の美意識を理解し、自分を見つめ直します。京都で日本画を学ぶときには、常にそうした制作姿勢が問われ続けてきました。伝統の継承地にある嵯峨芸での学びは、この「道」を知ることに重きを置き専門性を探究します。また授業では、制作と模写を中心にすえ、現代と古典を学びながら、表現力や人間力を獲得することをめざします。
日本画・古画領域の特徴・特色
01.美が拾える環境
嵯峨美のある京都・嵐山は、自然美や歴史遺産があふれ、描く対象に事欠きません。画力を高められる最高の環境で、自身の目で対象を見つめ、制作を通して自分に向き合うことができます。
02.いにしえの絵師から学ぶ
古画の模写を通していにしえの絵師たちの真髄に触れることで、筆遣いなどの技とともに、絵の美しさや精神性を感じ取る教育をしています。時代背景や文化への理解も深める学びは、文化財修理や古画の模写、時代劇の美術・装飾などの専門的な仕事につながります。
03.日本画を知ることで得られるもの
東洋絵画法を学ぶことで日本画における線や余白、色彩などの日本画の特徴を知り、制作を通してそこに秘める美意識と感性を養います。しいてはそれを現代表現に生かすことで創造の幅を広げることを狙います。
カリキュラム概要
古典絵画から現代日本画まで、その写生表現と意味について、徹底的に学びます。また、写生を行うことで自分の実力と心を理解します。
日本画制作工房と古画研究工房に分かれ「日本画道」を歩みます。画材・技法・画法を中心に学びを深め、自己研鑽を積みます。
日本画制作工房では、日本画素材を探究しながら、新たな表現の可能性を探ります。古画研究工房では、本格的な模写制作に入ります。
四年間で学んだ知識と技術、表現の心を活かし、卒業制作に取り組みます。また、社会に必要な人材となる心構えも学んでいきます。
卒業後の進路

多くが創作の現場で活躍しています。作家活動を続ける人、大学院に進学する人、教員や学芸員など。
また、修復技術者として古墳の修復にあたる人、国宝をはじめとする社寺仏閣の模写事業、建造物彩色にも多数従事しています。

将来の職業像
日本画家/模写従事者/文化財修理技術者/佛絵師/アニメーター/デザイナー/舞台美術製作者/映画・TV製作スタッフ/メイクアップアーティスト/スタイリスト/イラストレーター/マンガ家/教員/学芸員/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)他
学生作品

SCALE UP

#01 森井 祐子
「動植綵絵《紫陽花双鶏図》」

丁寧な仕事を心がけた作画がされており、一定の完成度は見られる。しかし残念なことは、表からの仕事が足らず、若冲の持つ独特な画面になったとは言い難い。本人が満足したところで終わっており、もう少し計画性と執拗さを持って、作画に当たってもらいたかった。本人は伊藤若冲の「動植彩絵」を模写したいという思いを持って本学に入学をしてきた。この思いを確りと持ち続けたからこそ、一定の丁寧な仕事に繋がり、その結果、受賞という形に結実したと考える。諦めずに思いを持ち続け達成した努力は大いに評価したい。

  • 受賞平成24年度本学制作展 学長賞
  • 素材絹、岩絵具、土絵具、棒絵具、墨、染料、膠
  • サイズ142.9×79.7cm

SCALE UP

#02 森崎 茜
「蓮池」

蓮池を題材にした作品は数多く、出品作品もシンプルな表現作品だが、作者は蓮の持つ形態が醸し出す妖艶な美しさに触発され大画面で描ききった。そこには、蓮そのものを描き表現することよりも、絵を描く行為そのものが自身の負への挑戦と捉え、画面と向き合う強い意志があった。また、自身を戒めるかのように執拗なまでの追求態度は、細部に問題を残しつつも一定の評価に値するところにまで届いた。学生が自主的に学びとろうとする手本のようである。

  • 受賞平成24年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材高知麻紙、岩絵具、水干絵具、膠
  • サイズ145×450cm