学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
大学 造形学科

  • 日本画・古画領域
  • 油画・版画領域
  • 複合領域

複合領域

  • 彫刻

    素材と向き合い、自分を磨きこむ彫刻を制作する。それは、三次元の空間に、確固たる実体をつくることを意味します。有形無形の文化財が数多く存在する嵯峨嵐山。その環境が五感を磨き、確かな表現力を身につけさせます。

  • 陶芸

    陶芸は、人の手に親しみやすい自然の素材「土」から生まれる芸術です。京都には、歴史的に洗練された豊かなやきもののバックグラウンドがあります。伝統を己のものにしながら、次世代のスタンダードを探究しましょう。

  • 映像・メディアアート

    電子機器やメディアテクノロジーを駆使して、既存の枠にはまらないインスタレーションや映像表現などの最先端芸術を学びます。嵯峨嵐山の自然や建築をステージとして活用しながら、新しい表現の研究も行っています。

複合領域の特徴・特色
01.少人数だから、制作スペースが広い。
領域の人数は10~15名と少人数。学生一人ひとりに広い個人制作スペースが与えられ、思う存分制作に打ち込むことができます。学生の個性や志向を熟知した教員のアドバイスがマンツーマンで受けられる、恵まれた環境です。
02.本格的な制作工房がある実習棟
彫刻では石彫、金属、木彫の各工房を有し、陶芸では窯、電気窯炉、ガス窯を有する工房があります。メディアアートでは音響も含めた空間アート表現を可能とする専用のスタジオを有し、学生の作品制作を支えています。
03.入学後に選べる学びのカテゴリー
1年次の大半は、表現の基礎となる基礎造形力の獲得に主眼を置くとともに、思考力やコミュニケーション力までクリエイターとしての土台を作ります。2年次より自分の志向に沿った表現に特化し深めてゆきます。
カリキュラム概要
総合的な基礎力を身につける
素材・工程・表現すること、表現できることを考える。造形の基礎を幅広く学び、それぞれにあった分野の基礎を学ぶ。
専門の学びを深めていくる
彫刻:基本的な素材体験、加工法の基礎
陶芸:ろくろ、手びねり、型成形技法の基礎
メディアアート:サウンド基礎、映像制作、現代芸術再制作
技術を磨き、応用力を身につける
彫刻:独自の表現の模索、アイデンティティの確立
陶芸:ろくろ、手びねり、型成形技法の応用、
釉素材などの材料知識の習得
メディアアート:インタラクティブ作品制作、インスタレーション制作
自分のアート表現を見つける
四年間の集大成として自由制作、卒業制作に取り組み、自己表現と素材・技法の高度な調和を試みる。
卒業後の進路

クラフトにかかわる人からアート、デザインの分野で活躍する人まで幅広い活動領域があります。工芸作家やプロダクトデザイナー、大学院に進学する人、学校教員や学芸員など。また、京都の地の利を活かし伝統工芸の世界で活躍する人もいます。

将来の職業像
彫刻家/陶芸家/工芸作家/造形作家/フィギュア作家/舞台美術/佛師/雑貨デザイナー/ディスプレイデザイナー/教員/学芸員/メディアアーティスト/ゲームデザイナー/写真家/映像作家/アニメーター/ サウンドクリエイター/インタラクティブコンテンツ制作 など
学生作品

SCALE UP

#01 伊木 萌
spheres –対比–

立体は面の集合体、面は線の集合体、線は点の集合体。あらゆるものの形をパーツの集合体として捉えてみることができます。今回は、幾何形体のひとつである“球”で、規則的に構成した形とランダムに構成した形の対比を表現しました。

  • 素材
  • サイズ180.0×180.0×80.0cm

SCALE UP

#02 髙橋 侑誠
鳳凰

最近の作品はいろいろと考えすぎて、自分の本来作りたいものから遠い所で瞑想していました。
なので最後は、自分らしく深く考えずシンプルで分かりやすい作品にしようと思い、この作品を作ることにしました。

  • 受賞平成26年度本学制作展 大覚寺賞
  • 素材
  • サイズ230.0 × 180.0 × 380.0cm

SCALE UP

#03 外東 望美
I'm hope

私はのぞむ理解してほしくない決めつけてほしくない受け入れないでほしい分かったつもりならないでほしい私が望むのは……

  • 受賞平成28年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 仕様映像パフォーマンスインスタレーション サイズ可変