学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
大学 造形学科

  • 日本画・古画領域
  • 油画・版画領域
  • 複合領域

油画・版画領域

さまざまな技法を通じて
絵画やイラストレーション
を学ぶ
さまざまな技法を通じて絵画やイラストレーションを学ぶ
油画・版画領域では油画、水彩画などの描写表現から、版画・写真などのプリント表現まで多種多様な絵画、イラストレーションを学び、各自の潜在的な可能性を探りながら自身の表現世界を深めていきます。そこから美術の世界はもちろんのこと、デザインへの展開も含めた社会とアートのさまざまな関わりを考えていきます。
  • 油画

    さまざまなモチーフを描くことで、リアリティのある表現を追究します。具象表現や抽象表現はもちろん、ジャンルを超えた融合的な作品など、自由度の高い芸術表現で、自分の世界観を構築していきます。

  • 版画・写真

    木版画、銅版画、シルクスクリーンなどの版画だけでなく、写真、イラストレーション、グラフィックデザイン、絵本など、アートとデザインを横断的に研究し、新しいビジュアル表現の可能性を追究します。

油画・版画領域の特徴・特色
01.少人数だから、制作スペースが広い。
各自の表現スタイルに合わせた、広い個人制作ブースと選択課題制作スペースで、充実した作品制作ができます。制作環境も、制作スタイルも、まるでオーダーメイドのように自分のやりたい制作が実現できるフレキシブルな環境です。
02.枠にはまることなく自由な表現を!
具象・抽象の絵画表現だけでなく、空間表現や、様々なメディア・素材を組み合わせた混合表現、コンピュータを使ったデジタル表現など、従来の絵画の枠を超えた現代アートの自由で多様な表現を学びます。
03.作品制作に留まらず、個展や販売も!
学内ギャラリーで在学中に個展やグループ展を開催。展覧会の企画や展示手法、宣伝告知まで手がけることで、作品を発信する手法を実践的に学びます。また、学生企画によるアートグッズの制作・販売も経験。卒業後の活動も見据え、作品のプロモーションまでトータルに学びます。
カリキュラム概要
デザイン、アートの枠にとらわれず、広く「芸術の力」の基礎を学ぶことを通じて、新しい自分の可能性と表現の方向性を探っていきます。
それぞれの専攻の専門的な技術を学びつつ、横断的、発展的に自身の芸術表現のスキルを確実に高めていきます。
自分に適した表現方法を選択し、作品の充実と展開を目指すとともに、芸術と社会のかかわりについても実践的に学びます。
自分の表現の独自性や完成度をさらに高め、卒業後、美術業界、デザイン業界において活動するための基盤を固めてゆきます。
卒業後の進路

油画・版画領域の教育カリキュラムは作家育成だけでなく、学生が様々な方向で進路を模索するように促しています。その結果、美術家や教員だけでなく、多方面で活躍する卒業生を輩出してきました。グラフィックデザイナー、イラストレータ—で就職する卒業生が最も多く、その他、テキスタイルデザイン、ディスプレイデザイン関係にも就職しています。最近ではオリジナルグッズの制作販売をする卒業生も出てきました。
油画・版画領域で学んだことを活かして、「芸術を通して社会に関わる」多彩な活躍をしています。

将来の職業像
アーティスト(絵画、版画、写真、絵本)/デザイナー(グラフィックデザイン、イラストレーション、ゲーム、舞台美術、テキスタイルデザインなど)/ギャラリスト/アートコーディネーター/アニメーター/マンガ家/教員/学芸員/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)他
学生作品

SCALE UP

#01 徳岡 真帆
「ややや、けったいな!~愛っぽいもの~」

キャンバスに描かれた女性と、その口元から続く吐き出す煙とも漫画の吹き出しともとれる形の中にL / O / V / Eのアルファベットなどが散りばめられている。明るい張りのある色彩と形態、パーツが織りなす思い切りの良い構成が、ユニークな表現となっている。

  • 素材スタイロフォーム、紙、アクリル、木材
  • サイズ160.0×180.0cm

SCALE UP

#02 大前 光輝
「happy end」

顔を隠した小学生の列が横断歩道を落ちていくという、不気味さと危うさが感じられる作品である。黒板に描かれたようなマットな質感が日本画ようにも見えるが、アクリル絵具で繊細に描写され、人物の配置やポーズ、横断歩道の位置など緻密に考慮された構成になっている。

  • 素材アクリル、パネル、キャンバス
  • サイズ181.8×227.3cm

SCALE UP

#03 松谷 めぐみ
「トップスター」

「共感」をテーマに自分の好きな世界を、ミラーシートなどに描いて「明るい・楽しい」空間を設定したインスタレーションである。自身も仮装してこの空間に入り込み、パフォーマンスをして鑑賞者と共に楽しむという表現方法で、キラキラとした楽しい世界感が伝わってくる作品である。

  • 素材ミラーシート、キャンバス、アクリル、スタイロフォーム
  • サイズ270.0×300.0×600.0cm

SCALE UP

#04 篠崎 香苗
「かぼちゃ」

カラフルな色彩表現が可能なシルクスクリーン版画による作品です。日頃からスケッチで描きためてきたイメージを一つ一つ組み合わせ、作家独特のイメージ世界を創り上げています。ここではバラの花が最も印象的ですが、階段横や庭の空間で見られる小物、家具、草木にも繊細な配慮がなされていて、作品の魅力を一層に高めています。

SCALE UP

#05 林 芙美
「黒く光る、刎ねる」

とても緻密な描写が可能な銅版画による作品です。羊、人、細胞を連想させる管など、非常におどろおどろしいイメージが左右対称で描かれています。その奇怪な世界はまるでシンメトリーな空間で成っているかのようで、そう鑑賞者に思わせるイメージの力をこの作品は持ち得ています。そこに人間の無意識の世界を垣間見るかのようです。

SCALE UP

#06 東上床 香菜
「in the pool」

描画による版を重ねたシルクスクリーン版画による作品です。さりげなくハンガーに掛けられた衣服が、様々な記憶、思い出が交錯しながら普段とは異質な、独特の存在感を伴って現れてきます。