学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
大学 デザイン学科

  • グラフィックデザイン領域
  • イラストレーション領域
  • キャラクターデザイン領域
  • 観光デザイン領域
  • 生活プロダクト領域
  • 染織・テキスタイル領域

イラストレーション領域

イラストレーション領域

描く喜びと、
見る楽しみを
結びつける。
描く喜びと、見る楽しみを結びつける。
イラストレーションの役割は人から人に情報やメッセージを的確に伝えることです。言葉だけでは伝わりにくいものを絵で伝えます。世の中には、図鑑などに見られる丁寧な描写や活き活きとした筆使いのドローイング、クールなコンピュータグラフィックスなど多様なイラストレーション表現が必要に応じて存在してきました。さて、あなたが感じる、今必要なイラストレーションとはどういう物でしょうか。描きたいものはどんなものでしょうか?どうやったらそれを描くことができるでしょうか?豊かな表現技術と目的に合った展開方法の獲得を臨機応変にバックアップします。描くことの楽しさと難しさを理解し、大切な情報がワクワクやドキドキやカワイイといった気持ちとともに伝わることを目指しましょう。
 
アナログ表現とデジタル表現、空間演出からインタラクティブな表現まで、各自の志向する目標に柔軟に対応するプログラムを構築します。担当教員はイラストレーター、デザイナー、アーティストによる混成テームです。 地域と連携した作品制作、発表の機会を準備するとともに、グラフィックデザインやWebデザイン、映像など多領域との協働プログラムを実施しさまざまな現場での展開力と対応力を養い、個人の総合力を育みます。
イラストレーション領域の特徴・特色
01. 志向に応じたイラストレーションを学ぶ
自分の描きたいものをイラストで表現する「アート型」。問題をイラストの力を使って解決する「デザイン型」。嵯峨美はどちらの方向性にも対応し、学べるカリキュラムを用意。3年次には方向性を固め、自分の表現を追究していきます。
02.デジタルもアナログも使いこなす!
イラストレーションはさまざまな画材・技法から生み出されます。さまざまな画材や技法を学びながら、それぞれの特性や魅力を探ります。アクリル絵具や透明水彩をはじめとするアナログ画材から、進化が著しいデジタル作画ツールまで幅広く学ぶなかで、自分に適した表現技法をマスターしていきます。
03.イラストレーションという枠を超える
イラストレーションの枠におさまらない表現への挑戦を後押ししています。立体造形や写真、インスタレーションなど多彩なジャンルへ展開する学生も少なくありません。
カリキュラム概要
多様な画材、素材に触れる。目的意識を養う。
各自の興味の対象を明確にする。
専門基礎演習Ⅰ、Ⅱ

イラストレーションの役割を理解する。さまざまな画材・素材に触れる。
イラストレーション表現に対する各自の関心について意見交換し、それぞれの目標を整理しだす。

芸術の力実習

デザイン学科と造形学科が共同で行う、芸術のパワーを感じる体験。

専門実習

デザイン全般のベーシックスキルとして、情報の整理と意見交換、プランの視覚化をPCオペレーションと共に修得する。

講義科目

社会を見渡す視点を得る。幅広い視点から、さまざまな作品やその背景について学ぶ。

描画力と展開力を磨く。自分には何が足りないのか。問題意識へと繋ぐ。
専門演習Ⅰ

具体的な課題設定や抽象的な表現研究で、描画力と展開力を鍛える。フィールドワークをもとに、発想、調査、制作、発表という制作の流れを体験とともに理解する。

専門演習Ⅱ

クラス共通テーマのもとで、それぞれがイラストレーション作品を制作する。作品の展示発表は全員のグループワークで行う。

オープン演習

学生個人が自由に選択できる授業。(デザイン学科、造形学科共通)
社会との関わりを探る科目、複数領域を横断する科目、実験的な試みの科目などが設定される。

講義科目

各自の専門領域に関する学び。多領域への関心を含めた、広い視野を得る学び。

各自設定した目標に向かう。協同制作で役割を果たす。
世の中に対する批判的な視点を持つ。
専門演習Ⅲ

自ら設定した課題のもとで独自の表現を試みる。クラスメートとの意見交換を通して、自身の現実社会との関わりをイラストレーション表現という視点から考える。

専門演習Ⅳ

自ら設定した課題によるイラストレーション作品を制作し、進級制作として発表する。

オープン演習

学生個人が自由に選択できる授業。(デザイン学科、造形学科共通)
社会との関わりを探る科目、複数領域を横断する科目、実験的な試みの科目などが設定される。

講義科目

専門領域に関する高度な学び。真理に向かう学び。

現時点での自身の存在を作品を通して世の中に提示する。
概念に捕われない新鮮な表現を目指す。
卒業制作Ⅰ

独自の問題意識を反映したイラストレーション表現を計画し実験する。また、クラス内での共同制作を行う。

卒業制作Ⅱ

独自の問題意識を反映したイラストレーション表現を実現し、卒業制作として発表する。

オープン演習:前期

学生個人が自由に選択できる授業。(デザイン学科、造形学科共通)
社会との関わりを探る科目、複数領域を横断する科目、実験的な試みの科目などが設定される。

講義科目

専門領域に関する高度な学び。真理に向かう学び。

卒業後の進路

イラストレーターやグラフィックデザイナーとしてクリエイティブな現場で活躍しています。発想力やコミュニケーション力を活かして、企業の企画担当や企画営業、販売職という仕事に着いている場合もあります。自身のイラストレーションを使ってオリジナルグッズを制作販売していたり、自作の絵本で自分の子どもを育てたりと、個性的な卒業生もいます。

将来の職業像
イラストレーター/グラフィックデザイナー/WEBデザイナー/ブックデザイナー/キャラクターデザイナー/アニメーション作家/マンガ家/絵本作家/教員/学芸員/企業就職(企画、制作、広報、営業、販売、事務)他
学生作品

SCALE UP

#01 松永 ありさ
「【誤】漢字生物」

動物に当てられている漢字は、 よく考えるとなんだかおかしい。 そんなおかしな漢字から逆に動物 を想像してみたユーモアある作品。

  • 受賞平成24年度本学制作展 大覚寺賞
  • 素材インクジェット出力、製本
  • サイズ200×250、18.2×25.7cm

SCALE UP

#02 野尻 千明
「夜の光」

純文学からイメージした世界を光と影によって表現した作品。
静かに時間が流れるのを感じられる。

  • 受賞平成26年度本学卒業制作展 教育講演会賞
  • 素材紙、ライト、アクリル板
  • サイズ40.0×40.0×40.0cm 4点

SCALE UP

#03 清水 紗希
「街」

針金による空間でのドローイングをレイヤー状に重ねたイラストレーション。

  • 受賞平成26年度本学卒業制作展
  • 素材針金、木、アクリル、ライト
  • サイズ152.5×32.5×90.0cm

SCALE UP

#04 片平あゆみ
「こんな具合に生きてます。」

毎日の暮らしの中のささやかな出来事を描き出し、それに編集を重ねてイメージを変化させる。その変化の中からピックアップした絵は、そのまま今の私。

  • 受賞平成26年度本学卒業制作展
  • 素材紙、布、アクリル、デジタルプリントなど
  • サイズ可変