学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
大学 デザイン学科

  • グラフィックデザイン領域
  • イラストレーション領域
  • キャラクターデザイン領域
  • 観光デザイン領域
  • 生活プロダクト領域
  • 染織・テキスタイル領域

観光デザイン領域

観光デザイン領域

京都の嵐山に学び、
地域社会を
デザインする。
京都の嵐山に学び、地域社会をデザインする。
観光という視点から、より良い地域社会につながるデザインを考え広めていく、それが観光デザインです。地域やまちのフィールドに出て調査し、自分の感じた思いを形にするため、デザインを描いていきます。そういった作業の積み重ねは、地域ブランドにつながる商品開発や、地域で行うアートプロジェクトといったものへと繋がっていきます。観光デザインとは、既存のデザインの枠を超えた戦略的なプロデューサー思考の実践的デザインともいえるでしょう。日本の原風景ともいえる京都の嵐山をステージに、調査、企画、事業化、維持管理、運営などを総合的におこなう独自の授業形態は、地域貢献度で全国の芸術系大学中第三位、関西では第一位といううれしい評価もいただいています。地域社会の活性化に貢献している人材を、数多く輩出しています。
観光デザイン領域の特徴・特色
01.学びのお手本は、京都・嵐山!
世界屈指の観光地である京都・嵐山という立地を活かし、学外に出てアイデアやヒントを見つけるフィールドワークを行っています。講義や文献では理解できない「リアル」を自分の目で見ることの大切さを学びます。
02.美大生ならではのデザイン力が武器
一般大学の観光学部との大きな差は美的感性とデザインスキル。デッサンや造形、素材体験、写真・映像などの基礎表現の習得やデザインの基本スキルに加え、意思や企画を伝えるプレゼンテーションの訓練を積むことで、提案力をもったデザイナーをめざします。
03.卒業生は多様な業界で活躍中
観光デザインは卒業後の進路が最も広い領域。グラフィックデザイナー、新聞記者、雑誌編集者、ツアーコンダクターなどさまざまな人材を輩出しています。現場に足を運んでマーケットリサーチをし、企画やデザインにフィードバックできる能力が高く評価されています。
カリキュラム概要
フィールドワークを通して社会との関係、観光デザインの本質を知る。
専門基礎演習Ⅰ、Ⅱ

観光デザインの基本となるフィールド調査やテーマ沿った資源の整理、京都観光の現場体験などにより、観光デザインの役割や意義を学びます。

芸術の力実習

デザイン学科と造形学科が共同で行う、芸術のパワーを感じる体験。

専門実習

デザイン全般のベーシックスキルとして、情報の整理と意見交換、プランの視覚化をPCオペレーションと共に修得する。

講義科目

社会を見渡す視点を得る。幅広い視点から、さまざまな作品やその背景について学ぶ。

地域に密着した活動を通して実践的なデザイン力の習得を目指す。
専門演習Ⅰ

デザインの多様性と専門的な表現を深めながら、具体的な地域社会との結びつきのあるアートプロジェクトを経験し、実践の基礎を学びます。

専門演習Ⅱ

嵐山花灯路にグループワークで取り組みます。京都・嵐山の歴史文化を理解し、人々を京都のほんまもんで楽しませるリアルな企画、制作、維持管理までを経験するとこによって総合的なデザイン力を養います。

オープン演習

学生個人が自由に選択できる授業。(デザイン学科、造形学科共通)
社会との関わりを探る科目、複数領域を横断する科目、実験的な試みの科目などが設定される。

講義科目

各自の専門領域に関する学び。多領域への関心を含めた、広い視野を得る学び。

総合的なデザインの力によるプロデュースの喜びに目覚める。
専門演習Ⅲ

地域社会を活性化するという視点から、今後の社会にとって重要な課題を発見するとともにその解決手法を企画提案し、事業化を前提とした総合的なデザイン力を高めるプロジェクトを経験します。

専門演習Ⅳ

プロジェクトの経験を重ねることによって、観光デザイナーとしての揺るがない感性を磨きあげ、熱いワクワクするプロデュースの喜びに目覚める。

オープン演習

学生個人が自由に選択できる授業。(デザイン学科、造形学科共通)
社会との関わりを探る科目、複数領域を横断する科目、実験的な試みの科目などが設定される。

講義科目

専門領域に関する高度な学び。真理に向かう学び。

4年間の学びを総合的な応用プロジェクトに仕上げる。
卒業制作Ⅰ

これまでのグループワークの経験をもとに個人のテーマを明確にして、調査、企画、デザインまでのトータルなテーマを構築して、社会に提言できるプロジェクトを構想します。

卒業制作Ⅱ

前期の構想をデザイン表現を含めて、卒業制作としてまとめます。観光デザイナーとしてプロフェッショナルを目指します。

オープン演習

学生個人が自由に選択できる授業。(デザイン学科、造形学科共通) 社会との関わりを探る科目、複数領域を横断する科目、実験的な試みの科目などが設定される。

講義科目

専門領域に関する高度な学び。真理に向かう学び。

卒業後の進路

社会に向けてデザイン活動を実行してきた経験を活かして、その高い企画力やフィールドワークテークは現代の企業や地域で貴重な人材として求められています。社会をデザインによって豊かにする幅広いテーマは、様々なところで実力を発揮できます。

将来の職業像
地方公務員(観光振興、企画広報)/観光協会/地域活性化のコンサルタント・NPO法人職員/旅行会社(商品企画、営業)/広告企画会社(地域マーケティング、クリエイティブ)/コンベンション関係会社/メディア会社(新聞記者、雑誌編集者)/ホテル(企画、広報)/学校教員/学芸員/大学院進学 など
学生作品

SCALE UP

#01 増田 彩香
自然科学を楽しむシンボルマークの提案 Hello! Natural Science

この提案は、さまざまな科学的事象、それらにまつわる物語をシンボルマークとして表現したもので、学びへの導入部分として興味を惹きつける、あるいは自然科学の一分野を学ぶ人々でも日常生活に取り入れたくなるようなデザインを目指した作品群です。

  • 受賞平成28年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • サイズ10.0 × 14.8cm × 102枚

SCALE UP

#02 竹内 智子
奈良の地域プロモーション まほろばこ

【背景】
古人に“大和は国のまほろば” 大和は“奈良”、まほろばは“素晴らしい場所”を意味し“国々の中でも最も優れた国”と言われてきた。
“奈良”は、1300年という長い歴史の中で、神社仏閣・自然・文化など多くのものを育んできた。現在では、奈良を盛り上げようと、さまざまなイベントやホームページが作成されている。しかし、それ自体を知られていなかったり、魅力の発信するツールがうまくできていない。私は、生まれも育ちも奈良県だ。しかし、昔から京都に憧れを持ち、奈良に対して自慢するものがあまりなかった。京都は奈良と違い洗練されていて、どこも観光地化がされ、とてもきらびやかな場所。それに比べ、地味に感じてしまう奈良。そんなに魅力があるのか? と、正直疑問を持っていた。今年に入り、そんな憧れの京都に住むようになったのだが、落ち込んだ時ふらっと奈良公園に寄ることがあった。そういえば、高校生の頃落ち込んだ時はここに寄って鹿に慰めてもらったなぁ と思い出した。ゆっくり流れている空気や、誰でも受け入れてくれる安心感それは昔から変わらず寄り添ってくれている場所が生み出しているのだと実感しあぁ、この“優しさ”が 魅力 なんだと気がつくきっかけに繋がった。やはり 地域の魅力を見つけるには、実際にその場に訪れてもらうのは必要不可欠。それには 導入部分が不可欠であり、奈良はそれが足りていないのが現状である。もっと多くの人が、奈良に興味をもつきっかけとなるものを紡ぎだし実際に奈良に訪れてもらえるようなツールを作り出したい。

【コンセプト】
関西の真ん中に位置する奈良は、山に囲まれた箱に見える。そこで、奈良自体を“箱”に例えて、優れた場所と意味する“まほろば”を合わせ 「まほろばこ」と名前を付けた。少し覗いてみる感覚で作品を見てもらい興味を持ち、実際に奈良に訪れ、自分自身で魅力を探してもらえるきっかけ作りをする。
 ・新たな地域のPR発信方法を見出す
 ・住む人々にも愛着心を持ってもらい、自慢力に繫げる
 ・他県の人にも、実際に訪れ奈良の独特な“空気“を感じてもらう
 ・型にはまらない、自分で見つけ出す観光
 ・もっと愛される奈良を

【やること】
奈良の新しいビジュアル、「まほろばこ」を展開
 ・若い層に向けて興味を引く、地域プロモーションツールを作る
 ・魅力を探すための地図として、奈良の知識が書かれた冊子を作成

  • サイズ200.0×250.0㎝