学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
短期大学 美術学科

デザイン分野 広告デザイン領域

デザイン分野 広告デザイン領域

時代のあこがれ
をつくる。
時代のあこがれをつくる。
広告デザイン領域では、ポスターや雑誌、Webなどさまざまなメディアを活用し、デザインの基礎から実践までを学んでいきます。表面的なデザインの追究でおさまるのではなく、広告デザインに求められるメッセージ自体の訴求力を磨くことに力を入れています。「時代のあこがれ」を提案し、「夢を創るお手伝い」をし、「豊かな消費文化」を支える。それが広告の仕事です。
また、できるだけ多くの人に伝わりやすい「ユニバーサルデザイン」をベースにした研究にも力を入れています。流行を意識するだけではなく、消費者にとって本当に必要な情報伝達を目指します。
就職活動に強いポートフォリオの制作にも力を入れ、「この人と一緒に仕事をしたい」と思わせるようなポートフォリオの作り方を徹底指導しています。その結果、毎年90%を超える就職率を得て、数多くの卒業生が優秀なデザイナーとして第一線で活躍しています。
デザイン分野 広告デザイン領域の特徴・特色
01.コピーライティングを学ぶ
広告デザインに不可欠なのが企画力と発想力。この要となるのがコピーライティング(文章作成)です。これを学ぶことにより、広告を通して社会に伝えるべきことが明確になり、作品制作に活かすことができます。
02.研修旅行を毎年開催
毎年1回の国内研修旅行(自由参加)で、デザインやアートの見識を深めます。美術館やギャラリー巡り、歴史や自然とのふれあいが、その後の作品づくりに活かされます。
03.卒業後も手厚くサポート
卒業生を対象に「デザイン研究会」を開催しています(参加無料)。勉強会は毎月開かれ、年に1回のペースで展覧会も開いています。卒業生の情報交換やネットワークづくりにも役立っています。
カリキュラム概要
ビジュアル表現の基礎を学ぶ
レタリングや平面構成、色彩構成などを通して、ビジュアル表現に必要な基礎構成力と表現力、感性を磨きます。同時にデッサンを通して描く力を徹底的に習得します。
メディアへの展開を学ぶ
ビジュアル表現の技術を習得しながら、基本的なメディアへの展開を学びます。テーマに沿って、ロゴやパンフレット、新聞広告、ポスターへと展開しながら多様なビジュアル表現を学び、広告デザインに不可欠なデジタル技術(DTP)を習得します。
広告デザインの社会的な仕組みを学ぶ
広告デザインに不可欠な企画力、発想力、マーケティング力、プレゼンテーション力を学びます。与えられた課題を解決しながら、広告の社会的な役割を考察し、豊かな表現力を養います。また、DTPの応用展開とWebデザインの基本を習得します。
コミュニケーションをアシストするプロを目指して
広告は新商品やイベントなどをより多くの人にアピールするための表現メディアです。伝えたいことをより分かりやすく伝えるために、マーケティング力をさらに強化し、また、広告の要となるコピーライティングを徹底的に学びます。学外コンペの参加など、より実践的な考察を経て、卒業制作に取り組みます。
卒業後の進路

ただ単に広告宣伝にたずさわるだけでなく、「時代のあこがれ」を視覚化する、これが広告デザインです。広告デザインはさまざまな業種において必要とされているため、多くの卒業生がクリエイティブの現場で活躍しています。

将来の職業像
広告制作/商品企画/コピーライター/グラフィックデザイナー/エディトリアルデザイナー/Webデザイナー/専攻科進学、四年制進学(3年次編入)など
担当教員
坂田 岳彦/佐藤 賢次/杉村 福子/田中 聡/藤田 文則/松本 朋子/安井 良尚
学生作品

SCALE UP

#01 鹿野眞帆
「ペットについて考えるための新聞広告」
 

私たちに癒しや生きるチカラを与えてくれるペット。ペットと暮らすと心と体の健康につながるということが科学的にも証明されている。「ペットとひと」の密接な関係がますます期待されるこれからの時代に、「ひとはペットとどのようにつきあっていけばよいのか」ということを考える意見広告。「我が輩は猫である」の一説から始まる2月22日は「猫の日」。同様に「犬の日」「亀の日」……それぞれ実際に制定されている動物の日に新聞広告として掲載する。夏目漱石風の文体を研究したコピーライティングが秀逸である。

  • 受賞平成26年度 教育後援会奨励賞
  • 素材Mac出力
  • サイズ新聞広告全段×7枚、二連版×1枚

SCALE UP

#02 山田万里子
「富山発信『幸せ生活グッズブランド』の提案」~UZU UZU とやましあわせ生活

作者の地元、富山には「福をおすそ分けする習慣」があり、特に婚礼の引き出物として近所に配られる「渦巻き文様のかまぼこ」が「幸せの象徴」として有名。この縁起の良い「うず」模様をテーマに「毎日幸せ気分に彩る」生活グッズブランドを提案し、春夏秋冬とオールシーズンの5種類のグッズと広告ツールを制作した。膨大な数のラフ案から選定、修正作業を繰り返して作ったロゴ&シンボルとグラフィックエレメントの完成度は秀逸であり、すべてにおいてこれに費やした作業量は他を圧倒していた。

  • 素材Mac出力
  • サイズポスター:103×42cm×4枚、パッケージ、リーフレット、商品サンプル

SCALE UP

#03 村上加奈
「鳥取県産のPR 商品」~まるごと鳥取

作者の地元、鳥取県の特産品を使用したティーセットの商品提案。スイカ、長芋、梨、柿、らっきょう。それぞれの皮を使用したフレーバーティーとジャムなどをセットとした商品。不要物として処理されている「皮」に注目した点がおもしろい。文字の処理や写真の使い方など、全体的に透明感があり、ほのかに香りたつようなグラフィック処理が美しい。

  • 素材Mac出力
  • サイズポスター:A1×5枚、リーフレット、パッケージほか