学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

イベントスケジュール

連続公開講座「京の美意識」第122回「京都人のモノづくりとインターナショナルなモノづくり」

日 時
2019年10月5日(土)
14:20~15:50
会 場
嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 ・罧原キャンパス「有響館」4階G401教室 アクセスはこちら
連続公開講座「京の美意識」は、2004年5月に完成した本学の罧原キャンパス「有響館」開設記念事業として始まった講座です。
四季を織りなす美しい景観に恵まれ、都として約1200年に亘る歴史の時を刻んできた京都の街や生活には、独特の知恵や美意識が存在しています。
その一方、近年の科学技術の発展は社会に急速な情報化や国際化をもたらし、私たちはその激しい波に巻き込まれています。今一度、京都に永く伝わる知恵や美意識をじっくり鑑賞・体験することで、私たちの生活を見直してみませんか。この連続講座がその一助となることを願っています。
第122回の講座では、ファッションデザイナーの加藤博氏を講師に招いて開催します。

【講演内容】
京都人である僕がデザイナーとしてこだわってきた事と広い世界で一流の人達と仕事をしてきた経験をお話ししたいと思います。
参加者
●講師プロフィール
加藤 博(かとう ひろし)
<ファッションデザイナー>
自身の名前をブランド名にした「KATO’」のデザイナー(現在は退任)。
これまでに様々な国内や海外のブランドの商品開発や素材開発、日本生地の海外輸出のディレクションなど幅広く活躍する。
フランスの「et vous」のメンズラインの開設時のデザイナーとして活躍した後、アドリアーノ・ゴールドシュミット氏との仕事や、「POLO RALPH LAUREN」のプレミアムカジュアルラインRRLブランドの企画・日本生産、イタリアLegra社の素材開発など、世界のデニムシーンで様々な役割を果たしてきた。
料 金
無料
問合先
社会連携・研究支援グループ
主催
嵯峨芸術センター
連続公開講座「京の美意識」第122回「京都人のモノづくりとインターナショナルなモノづくり」0