学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Admission
入学試験概要

総合型選抜Ⅰ期〈体験授業型〉・Ⅱ期〈面談型〉

総合型選抜Ⅰ期〈体験授業型〉・Ⅱ期〈面談型〉
※Ⅱ期は短期大学のみ実施

Ⅰ期:授業への取組みを総合的に評価してほしい 奨学金を受けたい
Ⅱ期:作品を評価してほしい奨学金を受けたい

  • 共通項目共通項目
  • 芸術学部芸術学部
  • 短期大学部短期大学部
  • Q&AQ&A

共通項目

総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期について

総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期は、学科や実技による試験だけで合否を決めるのではなく、体験授業や面談を通じて、受験生の人物像を本学の求める学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせ、受験生の皆さんには本学の考え方や学風を理解していただくという、相互理解のもとに合否を決める入試方法です。

エントリー資格

13 のいずれかに該当する者(卒業年度、および全体の学習成績の状況(評定平均値)は問いません)。

  • 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、および2022年3月卒業見込みの者。
  • 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2022年3月修了見込みの者。
  • 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者、および2022年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
    • (1) 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者、および2022年3月31日までに修了見込みの者。
    • (2) 文部科学大臣の指定した者。
    • (3) 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した者、および2022年3月31日までに合格見込みの者で、2022年3月31日までに18歳に達する者。
    • (4) 本学において、個別の入学資格審査により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、2022年3月31日までに18歳に達する者。
総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期 受験の流れ

※総合型選抜Ⅱ期は短期大学のみ実施

STEP01

エントリー

※インターネットエントリーのみ

エントリー期間

Ⅰ期:9月1日(水)~9月3日(金) 書類必着
Ⅱ期:9月24日(金)~10月1日(金)書類必着

インターネットエントリー画面で必要事項を入力し、プリントアウトした書類を郵送または持参してください。入学検定料はこの時点では必要ありません。エントリー期間終了後、4日程度でエントリー番号等を記載した「エントリー受付票」を発行しますので、各自で印刷し当日必ず持参してください。(メールでお知らせします。)

※エントリー時に調査書の提出が必要です。

STEP02

体験授業・面談

※Ⅱ期は短期大学のみ実施

Ⅰ期体験授業日

〈大学〉9月12日(日)
〈短期大学〉9月11日(土)

Ⅱ期面談日
10月10日(日)

エントリー受付票と指定された「持参物」を持参し、プログラム(体験授業または面談)に参加してください。

※遠方からの参加のため宿泊が必要な場合は、各自で手配してください。
※当日の服装は自由です。体験授業の場合は作業が行いやすい服装で来てください。

STEP03

出願可否発表

※インターネット発表

出願可否発表日

Ⅰ期:9月18日(土)
Ⅱ期:10月16日(土)

発表日の12時に合否照会システムにより本学Webサイトで発表し、出願可判定者にのみ結果を速達郵便で郵送します。「出願可」の通知を郵送で受け取った方のみ出願できます。

出願可否照会はこちら

STEP04

出願(専願)

出願期間

Ⅰ期:9月24日(金)~10月7日(木) 消印有効
Ⅱ期:10月20日(水)~10月26日(火) 消印有効

「出願可」の通知とともに送付された出願書類をそろえ、入学検定料25,000円を納入し出願期間内に提出してください。この時点で専願となります。

※<大学>出願可の判定を受けた領域に出願可能。
※<短期大学>出願可の判定を受けた分野に出願可能。領域選択は入学後。

STEP05

合格発表

合格発表日

Ⅰ期:11月1日(月)
Ⅱ期:11月1日(月)

本学が出願書類を受理した時点で専願での合格となります。合格発表日に速達郵便で合格通知書および入学手続に必要な書類一式を送付します。

STEP06

入学手続

入学手続締切日

Ⅰ期:【1次】11月12日(金) 【2次】12月10日(金)
Ⅱ期:【1次】11月12日(金) 【2次】12月10日(金)

入学手続締切日までに必要な学費を納入し、入学の手続を行ってください。

※入学手続後、入学辞退、合格学科・分野・領域の変更、他の選抜受験はできません。但し、合格した学科・分野・領域のスカラシップ選抜に限り、入学の権利を保持したまま受験することができます。

STEP07

入学準備プログラム

合格した入学予定者に入学までの期間、本学での学びにスムーズに入るための準備と基礎力アップを図るための入学準備プログラムを行います。

入学

注意事項
  • 【大学】インターネットエントリー時に志望学科・領域を選択してください。同学科内で第2志望領域まで選択できます。
  • 【短期大学】インターネットエントリー時に志望分野を選択し、アンケート欄に志望領域を入力してください。出願時の志望領域は、エントリー時の志望領域と同じでなくても構いません。
  • エントリー書類提出後の学科・分野・領域および選択授業の変更は認めません。
  • 各書類を提出後、身上および現住所等に変更があった場合は、入学広報グループまで届け出てください。
エントリー受付票について

インターネットエントリー画面で必要事項を入力し、プリントアウトした書類を郵送または持参してください。受付後、エントリー番号などを記載したエントリー受付票を発行しますので、各自で印刷し当日必ず持参してください。(エントリー期間終了後から4日程度でエントリー受付票発行のお知らせをメールで通知します。)
体験授業日・面談日の3日前になってもエントリー受付票発行のお知らせが届かない場合は、入学広報グループまでお問合せください。

入学検定料について

エントリーと体験授業または面談の参加に入学検定料は不要です。「出願可」の判定を得た受験生が出願書類を提出した時点で「専願」となり、入学検定料(25,000円)が必要になります。

合否判定について

体験授業または面談の結果、「出願可」の判定が出た受験生が出願書類を提出した時点で「専願での合格」となります。合格者は、以降の入試には出願できません(ただし、スカラシップ選抜のみ入学の権利を保持したまま受験可能)。

出願可否照会はこちら

総合型選抜教育支援奨学金について

総合型選抜Ⅰ期またはⅡ期に合格し、入学される方全員に、入学までの教育支援金として100,000円を給付する奨学金制度です。対象者全員に入学金の半額を免除する方法で給付されます。
※総合型選抜Ⅲ期〈実技試験型〉は対象外

大学

総合型選抜Ⅰ期
〈体験授業型〉
POINT01POINT01
授業への取組みを総合的・多面的に評価!
POINT02POINT02
合格者全員に総合型選抜教育支援奨学金100,000円を給付。
POINT03POINT03
入学までの導入教育〈入学準備プログラム〉あり。
POINT03POINT04
エントリー時に同学科内で第2志望領域まで選択可能。(第1志望領域で出願可となった場合、第2志望領域の判定は行いません。)
エントリー期間 9月1日(水)~9月3日(金) 書類必着 併願可
体験授業日 9月12日(日)
集合時間 9:45 11:45に変更
時間 10:00~17:00 12:00~17:00に変更 ※8月25日公表 ※食事休憩なし
試験会場 本学
出願可否発表日 9月18日(土)
出願期間 9月24日(金)~10月7日(木) 消印有効 ここから
専願(入学辞退不可)
合格発表日 11月1日(月)
入学手続締切日 〈1次〉11月12日(金) 
〈2次〉12月10日(金)
入学準備プログラム 詳細については、合格通知の際にお知らせします。
試験内容
学科 内容 持参物
造形学科
※二課題からどちらかを選択
「モチーフを構成してデッサンする」
単に静物をデッサンするのではなく、いくつかのモチーフを加工・構成し、空間をつくり、それを描写します。
描画用具一式(鉛筆、練り消しゴムなど)、カルトン
「粘土による立体造形」
頭の中のイメージを粘土という実素材によって具現化します。
汚れても良い服装、描画用具一式(鉛筆、練り消しゴムなど)、スケッチブック
デザイン学科 「京都デザインプロジェクト」
当日発表される京都に関するテーマについて新しい企画・デザインを行います。
授業では、テーマの説明を行ったあと、それをもとに下記の例のような成果物を想定したデザインを図解や文章で表現し、合評を行います。
例)グッズ、キャラクター、パッケージ、風呂敷、ハンカチ、ポスター、マーク、ロゴ、イベント、アプリ等
鉛筆、消しゴム、彩色用具(色鉛筆、マーカー、水溶性絵具など)
出願の可否

体験授業の結果と提出書類(志望理由書、調査書など)により総合的に判定します。(志望領域別可否判定)

スカラシップ選抜へのチャレンジ制度

合格者は、入学の権利を保持したままスカラシップ選抜(前期・後期)の受験が可能です。合格した場合は、奨学金額の多いスカラシップ選抜での入学手続に切り替わります。なお、スカラシップ選抜は(前期)と(後期)の2回受験も可能です。
(合格した学科・領域以外の学科・領域への出願、および短期大学への出願はできません。)

第2志望制度

エントリー時に同学科内で第2志望領域まで選択することができます。第1志望領域で出願可となった場合、第2志望領域の判定は行いません。2つの領域で出願可判定が出ることはありません。

特例追試験

新型コロナウイルス感染症への罹患など、以下の基準に該当し、当日受験ができなくなったエントリー者に対して、下記の特例追試験日を設けます。該当者は試験当日11:45までに入学広報グループ(075-864-7878)までご連絡ください。

対象者
①試験当日の検温で37.5℃以上の発熱のある方
②学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(新型コロナウイルス、インフルエンザ、はしか等)罹患者
③新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者

体験授業⽇ 10⽉10⽇(⽇) 併願可
集合時間 11:45
時間 12:00〜17:00
試験会場 本学
出願可否発表⽇ 10⽉16⽇(⼟)
出願期間 10⽉20⽇(水)〜10⽉26⽇(火) 消印有効 ここから
専願(入学辞退不可)
合格発表⽇ 11⽉1⽇(⽉)
⼊学⼿続締切⽇ 〈1次〉11⽉12⽇(⾦)
〈2次〉12⽉10⽇(⾦)
⼊学準備プログラム 詳細については、合格通知の際にお知らせします。
備考 「試験内容」は本試験と同じですが、試験当日発表する授業テーマ等は本試験とは異なります。

短期大学

総合型選抜Ⅰ期
〈体験授業型〉
POINT01POINT01
授業への取組みを総合的・多面的に評価!
POINT02POINT02
合格者全員に総合型選抜教育支援奨学金100,000円を給付。
POINT03POINT03
入学までの導入教育〈入学準備プログラム〉あり。
エントリー期間 9月1日(水)~9月3日(金) 書類必着 併願可
体験授業日 9月11日(土)
集合時間 9:45 11:45に変更
時間 10:00~17:00(終了予定) 12:00~17:00に変更 ※8月25日公表 ※食事休憩なし
試験会場 本学
出願可否発表日 9月18日(土)
出願期間 9月24日(金)~10月7日(木) 消印有効 ここから
専願(入学辞退不可)
合格発表日 11月1日(月)
入学手続締切日 〈1次〉11月12日(金) 
〈2次〉12月10日(金)
入学準備プログラム 詳細については、合格通知の際にお知らせします。
試験内容
分野 内容 持参物
美術分野 「色の感覚と表現」
たとえば「緑」と名付けられた色ひとつとっても無限の「緑」があります。使う絵の具やどんな紙に描くのか、混色の仕方や筆使いによっても色の可能性は広がります。色について学び、色の表現の幅を広げる体験授業です。
鉛筆、消しゴム、カルトン、筆(平筆、丸筆、面相筆など)、筆洗、不透明水彩絵具(ガッシュ・アクリル絵具など)
デザイン分野 「日用品のパッケージデザイン」
当日発表されるテーマに沿ったパッケージを提案し、そのアイデアを図解と説明文で表現します。また、そのアイデアについてプレゼンテーションも行います。
※準備しておくこと
さまざまな日用品のパッケージのデザインを調査し、イメージをふくらませておいてください。
鉛筆、消しゴム、彩色用具(色鉛筆、マーカー、水溶性絵具など)
マンガ・コミックアート分野 「テーマに基づいた、マンガ・コミックアート表現」
①か②のどちらかを選択
①当日発表されるテーマに基づき1ページマンガを制作します。
②当日発表されるテーマに基づきイラストを制作します。
①マンガ課題
鉛筆、消しゴム、定規

②イラスト課題
鉛筆、消しゴム、彩色用具(色鉛筆、マーカー、水溶性絵具など 着色画材は自由)
出願の可否

体験授業の結果と提出書類(志望理由書、調査書など)により総合的に判定します。(志望分野別可否判定)

スカラシップ選抜へのチャレンジ制度

総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期合格者は、入学の権利を保持したままスカラシップ選抜(前期・後期)の受験が可能です。合格した場合は、奨学金額の多いスカラシップ選抜での入学手続に切り替わります。なお、スカラシップ選抜は(前期)と(後期)の2回受験も可能です。
(合格した分野以外の分野への出願、および大学への出願はできません。)

特例追試験

新型コロナウイルス感染症への罹患など、以下の基準に該当し、当日受験ができなくなったエントリー者に対して、下記の特例追試験日を設けます。該当者は試験当日11:45までに入学広報グループ(075-864-7878)までご連絡ください。

対象者
①試験当日の検温で37.5℃以上の発熱のある方
②学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(新型コロナウイルス、インフルエンザ、はしか等)罹患者
③新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者

体験授業⽇ 10⽉10⽇(⽇) 併願可
集合時間 11:45
時間 12:00〜17:00
試験会場 本学
出願可否発表⽇ 10⽉16⽇(⼟)
出願期間 10⽉20⽇(水)〜10⽉26⽇(火) 消印有効 ここから
専願(入学辞退不可)
合格発表⽇ 11⽉1⽇(⽉)
⼊学⼿続締切⽇ 〈1次〉11⽉12⽇(⾦)
〈2次〉12⽉10⽇(⾦)
⼊学準備プログラム 詳細については、合格通知の際にお知らせします。
備考 「試験内容」は本試験と同じですが、試験当日発表する授業テーマ等は本試験とは異なります。
総合型選抜Ⅱ期
〈面談型〉
POINT01POINT01
教員とのコミュニケーションで嵯峨美を理解
POINT02POINT02
合格者全員に総合型選抜教育支援奨学金100,000円を給付。
POINT03POINT03
入学までの導入教育〈入学準備プログラム〉あり。
エントリー期間 9月24日(金)~10月1日(金)書類必着 併願可
面談日 10月10日(日)
集合時間 9:45 ※試験時間により異なる
時間 10:00~ ※試験開始時間は受験者により異なる
試験会場 本学
出願可否発表日 10月16日(土)
出願期間 10月20日(水)~10月26日(火)消印有効 ここから
専願(入学辞退不可)
合格発表日 11月1日(月)
入学手続締切日 〈1次〉11月12日(金) 
〈2次〉12月10日(金)
入学準備プログラム 詳細については、合格通知の際にお知らせします。
試験内容
分野 内容 持参物
美術分野
デザイン分野
マンガ・
コミックアート分野
面談
(持参物をもとに行う)
過去3年以内に制作し、制作の経緯や意図について説明できる作品(1〜3点)、またはポートフォリオ、または課外活動歴や実績が分かる資料
※下記「持参作品」参照
出願の可否

面談の結果と提出書類(志望理由書、調査書など)により総合的に判定します。(志望分野別可否判定)

スカラシップ選抜へのチャレンジ制度

総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期合格者は、入学の権利を保持したままスカラシップ選抜(前期・後期)の受験が可能です。合格した場合は、奨学金額の多いスカラシップ選抜での入学手続に切り替わります。なお、スカラシップ選抜は(前期)と(後期)の2回受験も可能です。
(合格した分野以外の分野への出願、および大学への出願はできません。)

持参作品

〈注意事項〉
・自らの責任で搬入搬出できるもの。
・作品には受験生本人が制作したことを証明する「制作証明書(本学所定用紙)」を、教員(高等学校・美術研究所等)または保護者署名のうえ貼付してください。

〈持参物例〉

作品...
デッサン、日本画、油絵、水彩画、アクリル画、版画、スケッチ、着色写生、色彩構成、、デザイン作品(ポスター、パッケージ、キャラクターなど)、イラストレーション、マンガ、絵本、写真、立体作品、フィギュア、陶芸、クラフト、雑貨、衣服、模型、CG作品、映像作品(5分以内)、など
課外活動歴関連...
活動歴や実績についてまとめたレポート、表彰状、紹介記事のコピーなど
その他...
小論文、レポートなど

Q&A

総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期での受験を考えていますが、どんな準備をすればいいですか?
授業への取組みや教員とのコミュニケーションを通して知識や技能だけでなく、思考力や判断力、主体性を持って学ぶ態度などを見て出願の可否を判定する入試ですので、本学への理解を深め、志望意欲を高めるために、ぜひオープンキャンパスや体験入学への参加をお勧めします。 また、面談型でのエントリーを検討されている方は、教員と個別に面談できるキャンパス見学会への参加をお勧めします。
エントリーの条件として成績の基準はありますか?
成績の基準は設けておりません。志望意欲のある方であれば、エントリー可能です。
総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期はインターネットで出願するのですか?
まず、本学インターネット出願システムからエントリー登録する必要があります。手順にしたがってエントリー登録を完了後、「①エントリーシート」を印刷して写真を貼付します。さらにインターネット出願システム内にある「②志望理由書」を印刷して、志望理由を手書きで記入します。①と②と調査書を市販の角2封筒に封入し、インターネット出願システム内にある「③封筒貼付用宛名シート」を印刷して宛名面に貼り、簡易書留の速達で郵送するという手順です。完全にネット上でエントリーが完了するわけではなく、志望理由書を手書きしたり、必要書類を郵送する必要があります。また、正式な出願はインターネットではなく、本学が出願可判定者に送付する紙の願書での手続きになります。
エントリー後の志望領域・分野の変更はできますか?
エントリー後の変更はできません。大学は領域単位、短期大学は分野単位での判定となります。大学はエントリー時に、短期大学は入学後に領域を選択していただきます。
総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期で出願不可になった場合、その他の入学試験は受験できますか?
総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期の結果は他の入試の合否判定に一切影響いたしません。他の入試の受験も可能です。
総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期で合格し、スカラシップ選抜にもチャレンジする場合はどうすればいいですか?
総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期は出願時に専願となるため、合格者は基本的に以降の入試の受験はできません。ただし、スカラシップ選抜(前期・後期)のみ例外的に(入学の権利保持のまま)受験可能です。総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期合格者(出願可者)は入学(出願)手続を進めていただいたうえで、スカラシップ選抜にご出願ください。再度、インターネット出願を行い、出願書類をご提出いただくことになりますが、総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期エントリー時に提出済みの「調査書」の再提出は不要です。スカラシップ選抜に合格した場合は、総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期合格から給付額の多いスカラシップ選抜合格に手続きが切り替わり、初年度納付金も変更となります。
なお、総合型選抜教育支援奨学金とスカラシップ選抜奨学金の併用はできません。
入学準備プログラムとはどんな内容ですか?
総合型選抜Ⅰ期・Ⅱ期合格者を対象に、入学までの期間、本学での学びにスムーズに入るための準備と、基礎力アップを図るためのプログラムが用意されています。詳細については、合格通知の際にお知らせいたします。