学校法人 大覚寺学園 京都嵯峨芸術大学 京都嵯峨芸術大学短期大学部

社会人の学び

作品を制作する実習授業の一部を開放して、社会人の皆様向けに、専門実習・演習を学んでいただく社会人特別研修プログラムを設けました。本プログラムを修了された場合、学校教育法第105条の規定に基づく「履修証明書」を交付します。在学生とともに専門的な芸術表現の理論と実践、両面から総合的に学んでみませんか。詳細は募集要項をご参照ください。

研修内容

専門実習・演習

専門的な画材・器具を使用し、作品の制作に取り組む課程です。
短期大学部の専門実習科目、「日本画」、「洋画」、「暮らしのグッズデザイン」
芸術学部の専門実習科目「日本画」、「油画」、「版画」、「彫刻」、「工芸(陶芸)」、「工芸(染織)」、「メディアアート」の中から1つ研修するコースを選択していただきます。

期間

1回の期間は半期(半年)です。短期大学部が通算2期、芸術学部が通算4期まで学ぶことができます。

※授業は本学学年暦に沿って行われます。詳しくは募集要項(PDF書類)をご参照ください。
※登録されている期間は、授業時間以外でも実習室、大学の諸施設(図書館等)を使用することができます。

金額

初回は登録料30,000円、研修費240,000円です。
2回目以降の履修については、登録料は必要ありません。
(※金額詳細については、下記募集要項をご参照ください。)

お問い合わせ・資料請求は下記まで

〒616-8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地
京都嵯峨芸術大学 教務・学生支援グループ
TEL:075-864-7867(直)
FAX:075-881-7133
E-Mail:kyomu@kyoto-saga.ac.jp

京都嵯峨芸術大学ならびに京都嵯峨芸術大学短期大学部で開講している講義・演習系科目から科目単位で履修できる制度です。
実技系科目の履修については、社会人特別研修プログラムをごらんください。

科目等履修生に関するお問い合わせ先

〒616-8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地
京都嵯峨芸術大学 教務・学生支援グループ
TEL:075-864-7867(直)
FAX:075-881-7133
E-Mail:kyomu@kyoto-saga.ac.jp

社会人の皆様方を対象に、体系的な知識・技術等の習得を目指して特別に編成した教育プログラムとして「嵯峨まなびプログラム」を開設しました。社会人の方が学びやすい週末等を中心に、1プログラム120時間で構成され、最長2年間学ぶことができます。各プログラムの指導に当たるのは、本学の授業を担当する教員です。
このプログラム修了者には、学校教育法第105条に基づき「履修証明書」を交付します。美しい自然に囲まれ、古刹や名所旧跡の点在する嵯峨野の地で、新たな学びにチャレンジしてみませんか。
詳細は募集要項をご参照ください。
※2017年度の各プログラムへの出願は、3月2日(木)(必着)まで受付しています。

2017年度開設プログラム

日本画

日本画の基礎となる描写力や、材料学、技法研究を通して日本画の特徴を学び、作品の完成を目指します。

担当
油画

絵画表現(油彩)の基礎を学び、表現のための知識や技術を習得します。基礎的なデッサン、油彩表現により、観察力、構成力、描写力を養うことを目標とします。

担当

期間

1プログラム120時間で構成され、最長2年間学ぶことができます。開講期間は、各プログラムの詳細をご参照ください。

※開講期間内は、授業時間以外でも実習室、大学の諸施設(図書館等)を利用することができます。
(平日 9:00 〜20:00 日祝は18:00まで。大学施設の一斉休業期間をはじめ、 時期や急な学事によって使用できない場合があります。あらかじめご了承ください。

登録料、履修料

初回は登録料30,000円、履修料1プログラム144,000円です。2回目以降の履修の場合は、登録料は必要ありません。

お問い合わせ・資料請求は下記まで

〒616-8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地
京都嵯峨芸術大学 社会連携・研究支援グループ
TEL:075-864-7898
FAX:075-881-7133
E-Mail:bunka@kyoto-saga.ac.jp