学校法人 大覚寺学園 京都嵯峨芸術大学 京都嵯峨芸術大学短期大学部

Admission
入学試験概要

一般入学試験(前期・後期)

一般入学試験(前期・後期)

併願可
実技試験で評価してほしい
作品を評価してほしい

大学

POINT01POINT01
「鉛筆デッサン」か「面接(作品持参)」のどちらかで受験可能。
POINT02POINT02
「鉛筆デッサン」受験者は大学全領域内から、「面接(作品持参)」受験者は受験学科領域内から第1・第2志望領域を選べる(2領域とも合格圏内の場合、第1志望のみ合格)。
POINT03POINT03
前期は大学入試センター試験利用入試(前期)、後期はスカラシップ入試(後期)・大学入試センター利用入試(後期)との同時出願可能(出願書類は1つでOK!)。
  前 期 後 期
出願期間 1月13日(金)~1月27日(金)消印有効 2月28日(火)~3月7日(火)消印有効
試験日 2月3日(金) 3月11日(土)
時間 鉛筆デッサン 13:00~16:00(180分)
面接 13:00~
鉛筆デッサン 13:00~16:00(180分)
面接 13:00~
試験会場 本学 本学
合格発表日 2月11日(土・祝) 3月15日(水)
入学手続締切日 〈1次〉2月24日(金) 〈2次〉3月10日(金) 〈1次〉〈2次〉3月22日(水)
試験内容
学科 内容・配点 持参物
造形学科
デザイン学科
*AかBいずれかを選択
A. 鉛筆デッサン(200点)
*個別に与えられたモチーフ2点程度を自由に配置・構成し、鉛筆で描写する(四つ切り画用紙1枚)
鉛筆デッサン用具(注)、カルトン、クリップ
B. 面接(作品持参)(200点) これまでに制作した作品(1〜3点程度)。ポートフォリオ(作品集)も可。
*下記注意事項参照

(注)鉛筆デッサン用具(持参可能物)・・・
鉛筆、消しゴム、カッター、羽ぼうき、スポーク、ガーゼ、ハンカチ、ティッシュ、筆、スケール、はかり棒、デスケル、擦筆

評価のポイント

〈鉛筆デッサン〉
形を正確に描写すること、モチーフそのものの材質感が表現できていること。加えてバランスよく画面構成されていること。
〈面接〉
志望領域の内容が理解できているか。入学後の制作や研究に対して目的意識や抱負、意欲を持っているか。

合否判定

試験結果(実技または面接)により判定します。

持参作品について(面接選択者のみ)

〈注意事項〉

  • 持参作品は自らの責任で搬入搬出できるものに限ります。
  • 持参作品には受験生本人が制作したことを証明する「制作証明書」を、教員(高等学校・美術研究所等)または保護者署名のうえ貼付してください。
  • 映像を使用する場合はノートPC等を持参して作品(5分以内にまとめたもの)が見られるようにしてください。
  • デザイン学科の受験生についてはレポートや論文持参によるプレゼンテーションも可能です。

〈作品例〉
デッサン、日本画、油絵、水彩画、線描画、アクリル画、版画、スケッチ、着色写生、色彩構成、デザイン作品(ポスター、パッケージ、キャラクターなど)、イラストレーション、マンガ、絵本、写真、立体作品、フィギュア、陶芸、クラフト、雑貨、衣服、模型、映像作品、CG作品、小論文、レポートなど。

短期大学

POINT01POINT01
「鉛筆デッサン」か「面接(作品持参)」のどちらかで受験可能。
POINT02POINT02
「鉛筆デッサン」受験者は短期大学全分野から第1・第2志望分野を選べる(「面接」受験者は第2志望制度なし。2分野とも合格圏内の場合、第1志望のみ合格。)。
POINT03POINT03
前期は大学入試センター試験利用入試(前期)と、後期はスカラシップ入試(後期)・大学入試センター利用入試(後期)との同時出願可能(出願書類は1つでOK!)。
  前 期 後 期
出願期間 1月13日(金)~1月27日(金)消印有効 2月28日(火)~3月7日(火)消印有効
試験日 2月3日(金) 3月11日(土)
時間 鉛筆デッサン 13:00~16:00(180分)
面接 13:00~
鉛筆デッサン 13:00~16:00(180分)
面接 13:00~
試験会場 本学 本学
合格発表日 2月11日(土・祝) 3月15日(水)
入学手続締切日 〈1次〉2月24日(金) 〈2次〉3月10日(金) 〈1次〉〈2次〉3月22日(水)
試験内容
分野 内容・配点 持参物
美術分野
デザイン分野
マンガ分野
コミックアート分野
*AかBどちらかを選択
A. 鉛筆デッサン(200点)
*個別に与えられたモチーフ2点程度を自由に配置・構成し、鉛筆で描写する(四つ切り画用紙1枚)
鉛筆デッサン用具(注)、カルトン、クリップ
B. 面接(作品持参)(200点) これまでに制作した作品(1~3点程度)。ポートフォリオ(作品集)も可。
*下記注意事項参照

(注)鉛筆デッサン用具(持参可能物)・・・
鉛筆、消しゴム、カッター、羽ぼうき、スポーク、ガーゼ、ハンカチ、ティッシュ、筆、スケール、はかり棒、デスケル、擦筆

評価のポイント

〈鉛筆デッサン〉
形を正確に描写すること、モチーフそのものの材質感が表現できていること。加えてバランスよく画面構成されていること。
〈面接〉
志望分野の内容が理解できているか。入学後の制作や研究に対して目的意識や抱負、意欲を持っているか。

合否判定

試験結果(実技または面接)により判定します。

持参作品について(面接選択者のみ)

〈注意事項〉

  • 持参作品は自らの責任で搬入搬出できるものに限ります。
  • 持参作品には受験生本人が制作したことを証明する「制作証明書」を、教員(高等学校・美術研究所等)または保護者署名のうえ 貼付してください。
  • 映像を使用する場合はノートPC等を持参して作品(5分以内にまとめたもの)が見られるようにしてください。

〈作品例〉
デッサン、日本画、油絵、水彩画、線描画、アクリル画、版画、スケッチ、着色写生、色彩構成、デザイン作品(ポスター、パッケージ、キャラクターなど)、イラストレーション、マンガ、絵本、写真、立体作品、フィギュア、陶芸、クラフト、雑貨、衣服、模型、映像作品、CG作品、小論文、レポートなど。