学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
短期大学 美術学科

美術分野 日本画領域

美術分野 日本画領域

日本らしさを
描く。
日本らしさを描く。
日本画を描くことは「日本の精神性を絵画で表現する」という、日本の美意識そのものを表現する芸術といえます。岩絵具や墨、金箔や銀箔という古くから受け継がれた画材と、伝統的な技法を駆使して描く日本画は、京都という土地で学ぶのに最も適した芸術です。たとえ2年という短い期間でも、陶芸や染織、能や舞踊などさまざまな日本の美に触れつつ、日本独自の美意識を習得できます。それが京都という土地なのです。
美術分野 日本画領域の特徴・特色
01.さまざまな画材と技法に触れる
1年次から岩絵具や和紙、墨、膠(にかわ)などの日本画の専門画材に数多く触れ、基礎知識や使用法をマスターします。さらに油彩やアクリルなども体験します。「描く」ためのさまざまな技法を学ぶことで、幅広い表現力を身につけます。
02.写生を重視。外に出て京都を描く。
キャンパスから一歩外に出ると、そこは自然美と歴史遺産のあふれる京都・嵐山。学外に出て写生をおこない、表現力を高めます。日本画を学ぶうえで最高の環境があなたを待っています。
03.十分な広さの制作スペース
一人ひとりに十分な広さの制作スペースが与えられ、大作でも床に寝かせて描くことができます。自分だけの制作スペースで作品と徹底的に向き合い、自己の内面をも探究してください。
カリキュラム概要
日本画に触れ、その表現手法を学ぶ
前期は多くの日本画作品を鑑賞し、日本画の理解を深め、表現の基礎になる鉛筆・彩色写生を行います。日本画特有の画材(水彩・墨・岩絵具)の基礎知識や使用法もおぼえます。また日本画の伝統的な様式、独特の空間表現について考え、一曲の屏風の制作を目指し、植物や有名な社寺仏閣、名勝地などで写生を行い、表現力を高めます。
描写力を養い、絵具の使用法を学ぶ
多くの作品を鑑賞し、多様な日本画の中から自分の表現を考えます。植物や動物の写生により基礎となる描写力を養い、写生から実際の作品制作にどのように結びつけるか、下絵や草稿を通じて学びます。また多くの表現方法を試して絵具の使い方を学び、表現方法の幅と可能性を広げます。美術館での作品鑑賞から表現法のあり方も検証します。
日本画の描法を身につけ、発表する
1年次で学んだ技法や画材の知識、古典作品の理解を踏まえて、写生やデッサンによって描写力や表現力を高め、風景や人物、動物をテーマに作品を制作します。また研究会によって作品に対する的確な批評力を育てます。美術館へ行く機会も多く持ち、教室では分からない作品の臨場感を体験し、表現分析や作家像を学び発表します。
日本画の精神を自分の表現まで高める
適切な日本画材の使用法、過去の優れた作品への理解、徹底した写生実習など、これまで学んできた成果を最大限に活かし、卒業制作にとりかかります。日本画の多様な表現方法と深い精神性で自己の内面をも探求し、作品制作を行い、これからの創作活動の基礎を作ります。
卒業後の進路

多くの卒業生が創作の現場で活躍しています。各種コンクールへの参加や個展の開催などを目指し、作家活動を続ける人、四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人。また、描写力の技術を活かし、デザインやイラストの分野に進む人も多数います。

将来の職業像
画家/美術作家/帯・着物のデザイナー/伝統産業作家/イラストレーター/マンガ家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
北村 正己/黒住 拓/清水 穣/清水 豊/鳥山 武弘/マツダ ジュンイチ/村林 典博
学生作品

SCALE UP

#01 李 飛篇
「止」

森の木々を通して逆光の光の中で、開けた空を仰ぎ見る風景である。黒っぽく色を抑えられた中に、晩秋の色づいた紅葉の葉や多くの枝が、中心の空に向かって伸びている。自然と画面の中央に開けた明るい空に向かって視線が集中していく。多分に作者の心の様相を反映した表現であり、明るい空に作者の思いが広がっていくように見える。

  • 受賞平成24年度本学制作展 美術学科賞
  • 素材高知麻紙、岩絵具、水干絵具、墨、膠
  • サイズ194×162cm

SCALE UP

#02 佐川 祐美
「あける」

池の中に静かにたたずむ睡蓮の葉と花を描いてある。全体に緑の色調で重厚な趣があり、緑の色調の中には、よく見ると多くの色合いを発見することが出来る。花の色も空間にうまく溶け込み、全体が静寂と気品に満ちた良い作品である。

  • 受賞平成24年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材高知麻紙、岩絵具、水干絵具、膠
  • サイズ97×194cm