学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
短期大学 美術学科

デザイン分野 アニメーション領域

デザイン分野 アニメーション領域

動かす喜び。日本らしさを描く。
私たちはアニメーションを動くイラストレーションととらえています。イラストレーションの基礎を学び、そこに「動き」という要素を加えます。すると魅力的なイラストレーションに命が吹き込まれ画面の中で生き生きと動き出します。動かすものは平面の絵に限らず粘土やオブジェなどカメラに映るものなら何でも対象になります。本領域ではこの無限の可能性を秘めたアニメーションを、動きの基礎から素材の作成、様々な技法の実践や研究を通して、手作業や最新のコンピューターソフトウエアを織り交ぜながら制作していきます。そして、思い描いたイメージを自在に動かして表現できるようになることを目指します。
デザイン分野 アニメーション領域の特徴・特色
01.いきなり本番!
2年間を有効に使うために入学直後から本格的な作品作りに取り組みます。基礎練習的な要素を課題制作の中に組み込んであるので、作品の数を増やしながら同時に基礎力も養うことができます。
02.学生の数だけある課題
実習授業では全員で同じ課題に取り組みますが、学生のレベルに合わせて個別に到達目標を設定したり、各自のラフスケッチに赤ペン添削をするなど、学生一人ひとりへオーダーメイドの指導をしています。
03.描く、そして動かす
アニメーションを「動くイラスト」と捉え、1年次にはイラストレーションとしての画力とセンスを学び、2年次にはデジタルツールも駆使したアニメーション制作を学び、「描ける」「動かせる」人材を育成します。
カリキュラム概要
描くことを学ぶ
アニメーションを制作するときに欠かせない「絵」を描くうえでの基礎的な技術や考え方を様々なモチーフや技法の課題で学びます。クロッキーで人体の構造に対する理解を深め、基礎デッサンで物の形をしっかりととらえることを学び「見えたものを描く」という基本を身につけます。また、グラフィックデザインの初歩的な考え方やプロセスも実践を通じて学び、デザイン感覚を養います。
表現の可能性を探求する
ショートアニメーションの制作や絵本制作、表現力を重視したものやデザイナーからの依頼を想定したイラストレーション制作など様々なイメージ表現の可能性を学びます。基礎デッサンでは目の前のモチーフを的確にとらえる目と描く力を養います。また印刷物の制作を通してグラフィックデザインのに対する視野も広げていきます。
表現の可能性を探求する
デジタルとアナログ両方の制作技法を身につけ、ペーパーアニメーションや立体アニメーションなど様々な表現方法を研究しながら、自分に合うアニメーションの表現を模索します。また、それにともなう制作環境についても学びます。
新たな技術を習得し、表現を深める
これまでに身につけた技術や表現力を深めるとともに、デジタルアニメーションを習得するなど、作品の完成度を高めます。そして2 年間の集大成として卒業制作に取り組みます。
卒業後の進路

多くの卒業生がクリエイティブの現場で活躍しています。アニメーション制作、イラストや絵本、キャラクタービジネスや商品企画、グラフィックや広告デザインなど。専攻科に進学する人、四年制大学に編入する人も多数います。

将来の職業像
アニメーター/アニメーション作家/イラストレーター/キャラクターデザイナー/絵本作家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
大畑 真也/岡田 毅志/神谷 三郎/千光士 義和/天坊 サキ/西谷 誠/西村 有理/藤本 ひづる/藤本 秀樹(山田真屋)/堀内 彰/宮原 康