学校法人 大覚寺学園 京都嵯峨芸術大学 京都嵯峨芸術大学短期大学部

Department
短期大学 美術学科

コミックアート分野 コミックアート領域

新しい
ジャパンコンテンツ
を究める
新しいジャパンコンテンツを究める
ジャパンコンテンツの最先端であり、コミックス、アニメーション、ゲームのキャラクターや表現方法の影響を受けながらも、世界観やストーリー性を一枚絵で表現するのがコミックアートという分野です。すべてを一枚の絵で表現するためには、さまざまなテクニックを駆使しなければならず、構図、配色、さらに使用画材の選択、キャラクターの個性までかき分ける実力が必要になります。基本的な造形力の構築から、コンピュータソフトを駆使したものまで、表現方法の選択肢を増やすことで各人の最適なツールを選べるようなカリキュラムになっています。
コミックアート分野 コミックアート領域の特徴・特色
01.最前線のアーティストによる指導
アナログからデジタルまで、使用画材も画風も異なるさまざまなアーティストがオムニバス形式で直接実技を指導。各作家の特色を生かした課題、デモンストレーションなどテクニックの公開、作家活動についてのアドバイスなど、技術にとどまらない指導が受けられます。
02.学外コンペや個展に挑戦
学生は、在学中から学外コンテストに挑戦したり、学内外で企画展・個展を開催するなど、発表をめざして制作し、プロモーションをするプロセスも学びます。テクニックの向上だけではなく、コンセプトを意識し、いかに作品を提示するかを考えます。
03.実物、社会、自然に立ち帰る
まず、作画力の基礎となるデッサン、クロッキーをしっかり学びます。また京都・嵐山の自然美や歴史遺産に取材に行くなど、空想の世界を描くコミックアートだからこそ、創作の足がかりとなる実物、社会、自然から学ぶことを大切にしています。
カリキュラム概要
モノのカタチ、人の姿を知る
デッサンやドローイング、クロッキーなど基礎テクニックを繰り返し習得し、モノのカタチや構造、人の姿を理解し、表現の基礎力を養成します。デジタルの基礎を始めます。
テクスチャーの存在意義を知る
アナログとデジタル、双方を学び、モノのカタチだけではなく色彩や画面構成、テクスチャーを学び同時にアートについて理解を深めます。
表現としてのコミックアートを見つける
第一線で活躍するプロのテクニックを学びます。また、実際に印刷物に使われることを想定し、グラフィックデザインの基礎も習得します。
コミックアートの可能性を追求する
これまで学んできた成果を最大限に活かし、卒業制作に取り組みます。オリジナリティのある、新しいコミックアートを追究します。
卒業後の進路

「コミックアート」という領域は、ライトノベルの表紙やゲームのキャラクター、また漫画やアニメのキャラクターとコンテンツ産業の基礎的部分が多く、これからさらに飛躍することが期待されています。

将来の職業像
イラストレーター/キャラクターデザイナー/グラフィックデザイナー/絵本作家/美術作家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
安齋 レオ/内野 惣次郎/オオタガキ フミ/⼤槻 ⾹奈/河井 リツ子/斎賀 時人/John Hathway/たま/堤 抄子/ヒキコモリーヌ/藤川 桂介/松本鶏子/ミカヅキ/MINATO/睦⽉ ムンク/令丈 ヒロ子