学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
短期大学 美術学科

デザイン分野 暮らしのグッズデザイン領域

デザイン分野 暮らしのグッズデザイン領域

使いやすさや優しさを
デザインする。
日本らしさを描く。
暮らしのグッズデザインの目的は、自己表現ではなく、人の役に立つ物を作ること。自分の価値観だけにとらわれず、さまざまな使い手の要求に応える柔軟な発想力と感性が求められます。アイデアからプレゼンテーションにいたるデザインプロセスを学び、木・土・金属・ガラス・樹脂などさまざまな素材の加工技術を身につけ、身に着けるモノや雑貨、家具・食器・照明といったインテリアエレメントなど、暮らしに根ざしたデザインを提案します。
デザイン分野 暮らしのグッズデザイン領域の特徴・特色
01.人の暮らしのためのデザインを学ぶ。
ユニバーサルデザインを意識した、使いやすく、人の暮らしを見つめた優しいデザインを学びます。描くことを通じてイメージを具体的な形にすることから始めます。
02.素材の数だけ、広がる進路。
金属、ガラス、木、土、樹脂など、さまざまな素材を使ったグッズデザインの課題をこなし、工具の使い方や素材の特性を学びます。扱える素材の数だけ、卒業後の進路も広がります。
03.就職のための指導も万全。
フォトショップや3DCADなど就職に有利なデジタルスキル指導、ポートフォリオ制作のための写真撮影技術、業界関係者に対するプレゼンの体験など、例年8~9割という高い就職率を出すための指導体制を敷いています。
カリキュラム概要
暮らしに役立つデザインとは?
日常生活で活躍するモノは、機能が備わったカタチを持っています。使いやすさや人に優しいデザイン、そうした暮らしを豊かにしてくれる美しいデザインを学びます。まずは描くことを通じて、イメージを具体的なカタチにしていくためのレッスンを行い、様々なグッズのあり方について考えます。
モノの意味を伝える技術を学ぶ
後期は金属、木、土を使ったグッズデザインに取り組み、道具の使い方、素材の特性などを学びます。ただ作るだけでなく、その目的や意図が他者に伝わるように説明する能力も必要です。デザインするグッズのパネルを作成し、文章やグラフィックで見せるプレゼンテーション能力を身につけます。
モノの周りにある空間・環境・生活を考える
製図の実習やドローイング実習などを通じて、具体的なプロダクトの構想に取りかかります。使う人のライフスタイルや環境を考慮したデザイン、誰にでも使いやすいユニバーサルデザインなど、ただ便利なだけではない、広い意味での「暮らしのためのデザイン」についても学んでいきます。
使う人に理解されるデザインを提案する
カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)や椅子などを制作し、その後、自由なテーマ設定で卒業制作に取り組みます。暮らしの様々なシーンからテーマを見つけ、具体的な提案を行います。意図、構想、デザインから制作まで、提案全体のコンセプトが理解されるように、充実したプレゼンテーションボードを作ります。
卒業後の進路

多くの卒業生がクリエイティブの現場で活躍しています。プロダクトデザイナー、グラフィックや広告デザイン、キャラクタービジネスや商品企画、イラストレーターなど。四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人も多数います。

将来の職業像
プロダクトデザイナー/商品企画/イラストレーター/キャラクターデザイン/マンガ家/陶芸家/アクセサリー作家/写真家/家具作家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
加島 篤子/狩野 りつ子/坂田 岳彦/田中 幹人/延安 敬子/古幸 寿見/丸山 耕市/森岡 誠/森山 幸子/山口 英樹
学生作品

SCALE UP

#01 八木 若菜
「Ball-Cell」

アクセサリー作品としては際立った完成度で、難しいテーマをブレる事無く制作している。地味な色合いの銅や真ちゅう素材を使い、細胞が変化する時間をも表現し、人の体に寄り添いつつ存在感のあるデザインとして纏めている事を評価した。

  • 受賞平成24年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材銅、真ちゅう、七宝
  • サイズ23×23×4、37×26×3、27×22×25cm