学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
短期大学 美術学科

デザイン分野 イラストレーション領域

デザイン分野 イラストレーション領域

誰にでも伝わる絵
を描く。
日本らしさを描く。
広告やポスター、本の挿絵、キャラクターデザインなどイラストレーションの活躍の場はさまざまです。わかりやすく図解するモノもあれば、感性を自由に表現するモノもある。どちらにしても描くときに大切なのは、必要な資料を揃え調査し、物事をじっくり観察すること、そして描き上げた作品をプレゼンテーションできること。授業では、アナログからデジタルまで多様な技法に触れつつ、幅広い視点でイラストレーションに向き合います。
デザイン分野 イラストレーション領域の特徴・特色
01.いきなり本番!
2年間を有効に使うために入学直後から本格的な作品作りに取り組みます。基礎練習的な要素を課題制作の中に組み込んであるので、作品の数を増やしながら同時に基礎力も養うことができます。
02.学生の数だけある課題
実習授業では全員で同じ課題に取り組みますが、学生のレベルに合わせて個別に到達目標を設定したり、各自のラフスケッチに赤ペン添削をするなど、学生一人ひとりへオーダーメイドの指導をしています。
03.社会の需要に応じたクラス設定
2年次には、実社会で商品として実際に使われるためのイラストレーションを学ぶ「商品展開クラス」と、イラストレーターとしての表現の可能性を学ぶ「表現クラス」に分かれて、社会の需要に合わせた学びを用意しています。
カリキュラム概要
描くことを学ぶ
イラストレーションを描くうえでの基礎的な技術や考え方を様々なモチーフや技法の課題で学びます。クロッキーで人体の構造に対する理解を深め、基礎デッサンで物の形をしっかりととらえることを学び「見えたものを描く」という基本を身につけます。また、イラストレーションと関係の深いグラフィックデザインの初歩的な考え方やプロセスも実践を通じて学び、デザイン感覚を養います。
表現の可能性を探求する
デザイナーからの依頼を想定した制作や表現力を養う課題と共に、絵本やアニメーションなどのイラストレーション表現の可能性も学びます。基礎デッサンでは目の前のモチーフを的確にとらえる目と描く力を養います。また印刷物の制作を通してグラフィックデザインのに対する視野も広げていきます。
将来を見据えたレベルアップを目指す
キャラクターグッズなどを制作するデザインの現場を想定した即戦力を養うクラスと、イラストレーターとしての表現の可能性や作風を探求するクラスに分かれ、卒業後の将来を見すえたカリキュラムでレベルをアップしていきます。
2年間の総仕上げ
2年間の集大成としてこれまでの実習の成果を踏まえ、構想から実制作、完成までのすべての工程にしっかりと時間をかけて卒業制作に取り組みます。
卒業後の進路

多くの卒業生がクリエイティブの現場で活躍しています。イラストや絵本、アニメーション制作、キャラクタービジネスや商品企画、グラフィックや広告デザインなど。専攻科に進学する人、四年制大学に編入する人も多数います。

将来の職業像
イラストレーター/キャラクターデザイナー/グラフィックデザイナー/プランナー/絵本作家/アニメーション作家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
大畑 真也/岡田 毅志/神谷 三郎/千光士 義和/天坊 サキ/西谷 誠/西村 有理/藤本 ひづる/藤本 秀樹(山田真屋)/堀内 彰/宮原 康
学生作品

SCALE UP

#01 園田 紗希
TOTEM SYMBOL

動物をその種族の“象徴/神” として信仰する“トーテミズム” というカルチャーをもつ民族がいます。象徴とされる動物のあらゆる属性をもとに、遍在し続ける美術への疑惑と願望を神獣化させました。これらの神獣は植物から擁護されており、装飾に富む“民族” という箱に閉じ込められています。立体を追った線、ドキッとするような瞳、エネルギーになる香りに注力しました。

  • 受賞平成28年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材透明水彩、ワトソン紙、ミクストメディア
  • サイズ91.0 × 91.0cm×3枚

SCALE UP

#02 田中 ひかり
公園で食べよう

お花見のお弁当をイメージして描きました。こんなお弁当が食べてみたいなと想像をしながら、メニューを考えました。見てくれる人に、私もこのおかずが好きだったな、食べたいなと思ってもらえるとうれしいです。ひとつひとつこだわって丁寧に描きました。

  • 受賞平成28年度本学制作展 大覚寺賞
  • 素材透明水彩絵の具
  • サイズ150.0 × 120.0cm