学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
短期大学 美術学科

デザイン分野 絵本領域

デザイン分野 絵本領域

長く読み継がれる
作品をつくる。
長く読み継がれる作品をつくる。
物語の創作、挿絵の制作、印刷、手製本、絵本を制作するための技術を学びます。また絵本作品の研究も行い、批評する力も養います。
絵本作家の活動として、出版すること以外にも、自分らしいユニークな活動スタイルを提案できるクリエイターの養成を目指しています。
デザイン分野 絵本領域の特徴・特色
01.いきなり本番!
2年間を有効に使うために入学直後から本格的な作品作りに取り組みます。基礎練習的な要素を課題制作の中に組み込んであるので、作品の数を増やしながら同時に基礎力も養うことができます。
02.学生の数だけある課題
実習授業では全員で同じ課題に取り組みますが、学生のレベルに合わせて個別に到達目標を設定したり、各自のラフスケッチに赤ペン添削をするなど、学生一人ひとりへオーダーメイドの指導をしています。
03.絵本作家の新しいスタイル
紙の絵本からスマホやタブレットで読む電子絵本まで、1冊の絵本を制作するためのすべてを学びます。また、絵本作家として、さまざまな活動スタイルを提案できる人材を育成します。
カリキュラム概要
絵本に必要な描画力、表現力
子供から大人まで幅広い世代に愛されている絵本。独特な絵の世界観と心温まる物語で、長い間、人の心に残るメディアです。前期では基本的なドローイングの技術やデッサンによる描写力を身につけて、自分の世界観を作り上げていきます。
いろいろなイラスト表現に触れる
描画力、表現力を身につけながら、画材についての研究、グラフィックデザインの基礎を学びます。その他、小さい絵本、アニメーション、パッケージイラストなど、いろいろなイラスト表現を学びます。
本づくりを実践的に学ぶ
物語のつくりかた、物語に合った挿絵の描き方、コンピュータによる版下づくり、印刷、手製本など、さまざまな技術を学びます。また、絵本作家の研究など、絵本の表現について幅広く学び、絵本を批評する力も養います。
自分らしい絵本表現の追求
後期は卒業制作に取り組みます。自分ならではの絵本を完成させます。寓話的で深い感動を与えるもの、鮮やかなビジュアルで見る人を楽しくさせるものなど、既成の価値観にとらわれない独自の表現を追求していきます。
卒業後の進路

多くの卒業生がクリエイティブの現場で活躍しています。イラストや絵本、アニメーション制作、キャラクタービジネスや商品企画、グラフィックや広告デザインなど。四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人も多数います。

将来の職業像
絵本作家/イラストレーター/キャラクターデザイナー/アニメーション作家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
大畑 真也/岡田 毅志/神谷 三郎/千光士 義和/天坊 サキ/西谷 誠/西村 有理/藤本 ひづる/藤本 秀樹(山田真屋)/堀内 彰/宮原 康
学生作品

SCALE UP

#01 高田 智実
「ほんいぬ」

本と犬が合体したユニークなキャラクター「ほんいぬ」と少年の友情を描いた作品。笑いあり涙ありのストーリーは友情の素晴らしさを確かめさせてくれます。鉛筆によるモノクロの挿絵は物語の世界観をゆたかに表現しています。また「ほんいぬ」のかたちを模した装丁など、オブジェとしての本の魅力も楽しめる絵本です。

  • 受賞平成24年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材キャンソンボード、ガッシュ、リキテックス、パステル、色鉛筆
  • サイズ絵本 64ページ 26.8×20.1cm 1点、原画 32×46cm 24点 その他