学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

Department
短期大学 美術学科

美術分野 洋画・現代アート領域

美術分野 洋画・現代アート領域

自分だけの表現を
見つけよう。
自分だけの表現を見つけよう。
洋画と現代アートが学べる領域です。デッサン、ドローイング、油彩、アクリルなどの洋画、絵画の表現から、写真、映像、立体、パフォーマンス、コンピュータを使った先端表現まで、多彩なアートの表現手法から選択したり組み合わせたりして学ぶことができます。さまざまな手段を活用して、自分なりの表現・新しい表現に挑戦しましょう。
美術分野 洋画・現代アート領域の特徴・特色
01.一人ひとりが違う表現を探求
洋画の基礎から現代アートの先端表現まで、横断的にも専門的にも学ぶことが可能なカリキュラム。ドローイング、油彩やテンペラ、アクリルなどを用いた絵画、写真、映像、立体、インスタレーションなど、いろいろな素材や技法から自由に選択し、表現したいことに向かって制作を進めていきます。
02.社会とつながる発表をサポート
美術の世界では作品を制作することと同じく、作品の展示・発表も大切な社会とつながるための表現活動です。本領域では卒業後も美術と関わって生きて行くことができる準備と基盤を作るために、学生の積極的な作品発表をサポートしています。
03.十分な広さの制作スペース
一人ひとりが自由に使える制作スペースが与えられます。自分だけの空間を持てることで自身の制作に集中することができ、課題だけではなく自分自身のための自由な制作に取り組むことができます。
カリキュラム概要
美術の基礎力を学ぶ
○対象を見て描くデッサンや、様々な素材や発想で描くドローイングの授業を通じて、美術の基礎力「描く力」「作る力」「見る力」を伸ばします。
○洋画課題では油彩技法の基礎をしっかりと身につけます。現代アート課題では立体表現のための技術を身につけ新しい表現に挑戦します。(2年間を通じて、洋画課題と現代アート課題のどちらでも選択することが出来ます)
様々な表現方法に挑戦
○写真の基本的な技術を身につけ、そこから展開する多様な美術表現(写真、絵画、ドローイング)に挑戦します。また写真のかわりに「デッサン/写生」を選択することも可能です。
○洋画課題では基本的な絵画制作の流れを通じて、描画の技術を伸ばし自分の表現を探ります。現代アート課題では映像表現の技術を身につけ新しい表現の可能性を探ります。
テーマを理解し、自分の表現を磨く
「光」「イメージ」「写実」「色の自立」「平面性」「抽象と具象」「シェイプドキャンバス」「オブジェ」「ポップ」「ミニマル」「シュルレアリズム」「物語」「身体性」「私のリアリティー」「再制作」など、近現代の美術の多面的なテーマから自分の課題を設定し、絵画やドローイング、映像、立体、インスタレーションなど、一人ひとりに合った表現手法で制作を進めます。また展示や作品発表についても学びます。
描写力や批評力を高め 自分なりの視点を獲得する
これまでに得たことからそれぞれが取り組むテーマを設定し、卒業制作に向けて制作を進めます。作品は制作展で展示、発表します。自分や他者の作品に対する批評力を伸ばし、これからの自分につながる問題意識を獲得しつつ独自の美術表現を目指します。
卒業後の進路

多くの卒業生が創作の現場で活躍しています。各種コンクールへの参加や個展の開催などを目指し、作家活動を続ける人、四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人。また、技術を活かし、デザインやイラストの分野に進む人も多数います。

将来の職業像
画家/美術作家/映像作家/写真家/イラストレーター/アニメーター/マンガ家/デザイナー/舞台美術スタッフ/映画・TV 製作スタッフ/ギャラリスト/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
倉山 裕昭/島田 奏/中井 浩史/長谷川 一郎/長谷川 博士/松延 総司/蛭田 均
学生作品

SCALE UP

#01 上家 礼衣
「行ったことのない場所」

上家さんの絵画は常に変化を繰り返していく。上家さんにとっての絵画はいろいろな感覚や思考を試す場となっている。そのため、そこには「完成」という到達点が訪れることは無いのかもしれない。作家が画面に、絵画に向かい続け、試行し、自問し続ける姿勢そのものが、制作の方法論であり、これを妥協することなく持続している点が最も評価できるところである。鑑賞するうちに、筆触の向こうから重層的な「空間」が現れてくる。それは作者が画面に向かい合った「時間」が生み出したものである。

  • 受賞平成24年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材油絵具、キャンバス
  • サイズ97×162cm

SCALE UP

#02 松本さり
「踊る少女ら」

黒と白を主調とした荒々しく叩き付けるようなストロークで画面が埋め尽くされ、その中から人物のようなフォルムが浮かび上がり揺らいでいる。それらのフォルムは輪郭をもたず安定せずに常に変化しているように見える。
松本さんの興味は「例えば風に揺れる木々や木漏れ日のように、常に変わりゆく世界をどのように絵画で表現するか」というところにある。今回の作品の「踊る少女ら」もその問題意識から発展してきたモチーフであり、ストロークの海に潜ませたフォルムという表現は松本さんのひとつの回答であるように思われる。いま目にしている画面の奥には無数の消されたストロークがあることも忘れてはならない。描く、見る、消す、描くという連続した行為と感覚の持続が絵画空間を豊かで深いものとしている。

  • 受賞平成26年度本学制作展 美術学科賞
  • 素材油絵具、キャンバス
  • サイズ130×162cm

SCALE UP

#03 甫立夏希
「closet/HOME/toilet」

画面のなかの空間がいびつに歪んでいる。だがこの歪んだ空間が甫立さんにとってのリアルな認識、今ここで目にしているものであるらしい。受験デッサンの最中から線遠近法的な空間表現に疑問を持ち続けていた甫立さんは、自分が本当に見ているもの、その感覚に正直に向き合うことにしたという。写真を使わずに、モチーフである狭い室内に身を置いて描いている。対象と自分との距離を短くすることで、こういった甫立さんの感覚はより強く立ち現れてくる。視覚と認識という問題意識を基盤に置きながら、優れた色彩感覚と自由奔放で洒脱なストロークが相まって作品の魅力が増幅されている。

  • 受賞平成26年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材油絵具、キャンバス
  • サイズ130×97cm×3点

SCALE UP

#01 前田 真喜
「記録 2012/12/24-25」

我が子の枕元にプレゼントを置くサンタ役の親の視線からの映像と、サンタクロースに対する子供たちからのメッセージ、2つの映像の対比による作品。小学1年生から6年生までの学年によって語られた「サンタ」のイメージの違いを楽しんで下さい。

  • 受賞平成24年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材映像、ミクストメディア
  • サイズ150×250×250cm