学校法人 大覚寺学園 嵯峨美術大学 嵯峨美術短期大学

検索

Department
短期大学 美術学科

美術分野 洋画・現代アート領域

美術分野 洋画・現代アート領域

自分だけの表現を
見つけよう。
表現する喜びを体験しよう
見る、描くという根源的なことからはじまる絵画表現。切実なリアリティーから生まれるドローイング。世界と自身に問いを発する写真、映像表現。空間全体を作品化するインスタレーションなど。誰のものでもない自分自身が求める美術表現を探求し、アーティストとしての基盤を形成します。
美術分野 洋画・現代アート領域の特長・特色
01.洋画から現代アートまで自由に選択
ドローイング、絵画などの描写、技法習得から、 実験的なワークショップ、写真、映像、立体、インスタレーションまで 一人ひとりの目的に応じて、洋画と現代アートの課題から自由に選択して学びます。
02.「見る力」「描く力」「作る力」の基本を学ぶ
美術の歴史、思想、技法から学び、今という時代の絵画、美術表現を探求します。 ひとりのアーティストとして何を表現するのか。 それに向き合うために必要となる根本的な力を身につけます。
03.十分な広さの制作スペース
一人ひとりに十分な広さの制作スペースが与えられ、大作の制作も可能です。 自分だけの制作スペースでゆっくりと作品に向き合い、 オリジナリティーあふれる美術表現に挑戦してください。
カリキュラム概要
絵画、美術の基本をじっくり学ぶ
油彩、テンペラ、アクリルなどの洋画の素材や技法を基礎から身につけながら、静物や人体をモチーフとして描写の力を養います。また自由な発想や表現の基となる実験的なワークショップ実習を行います。現代アート課題では立体表現のための技術を身につけ新しい表現に挑戦します。(2年間を通じて、洋画課題と現代アート課題のどちらでも選択することが出来ます)
素材への理解を深め、自分の表現を求める
前期に引き続き、絵画の素材について学びます。同時に現代のアートシーンで展開される、さまざまな美術表現に触れ、発想法や方法論の幅を広げ、自分自身の絵画表現を見つけていきます。現代アート課題では映像表現の技術を身につけ新しい表現の可能性を探ります。
表現力、批評力を高め自分なりの視点を獲得する
1年次で学んだ技法や画材の知識、現代の美術表現への理解を踏まえて、対象を捉える眼と描写力、そして批評力や作品発表への意識を高めます。目に映るものについてよく観察・考察し、絵画表現を展開します。近現代の美術のテーマから多面的に課題を設定し、絵画やドローイング、映像、立体、インスタレーションなど、一人ひとりに合った表現手法で制作を進めます。
作品を介して社会とのコミュニケーションを
これまでに学んできた成果を活かし、卒業制作に取り組みます。作品を介して社会とコミュニケーションする、という意識をもって制作し、発表します。入念な計画と準備を行い、集中して打ち込むことで質の高い作品づくりを目指し、さらにはその先へとつながって行くテーマを発見します。
卒業後の進路

多くの卒業生が創作の現場で活躍しています。各種コンクールへの参加や個展の開催などを目指し、作家活動を続ける人、四年制大学に編入する人、専攻科に進学する人。また、技術を活かし、デザインやイラストの分野に進む人も多数います。
また、技術を活かし、アニメーション映画の背景を制作したり、イラストやデザインの分野に進む人も多数います。

将来の職業像
画家/美術作家/帯・着物のデザイナー/伝統産業作家/イラストレーター/マンガ家/専攻科進学/四年制進学(3年次編入)など
担当教員
倉山 裕昭/しまだ そう/中井 浩史/長谷川 一郎/長谷川 博士/蛭田 均/松延 総司
学生作品

SCALE UP

#01 深川 未貴
深川未貴による深川未貴のための絵画形成論
2016年度まとめ

それは知れば知るほど胡散臭いものに感じ、それを崇高なものにすることやされること自体が異様なことのような気もする。しかし、その違和感の中からできた私の絵画は、自分の拠り所のための産物ではない。むしろ、まだよくわからないそれに対する私なりの応答なのである。

  • 受賞平成28年度本学制作展 大学賞
  • 素材キャンバス、油彩、アクリル
  • サイズ162.0 × 162.0cm × 4 点

SCALE UP

#02 姫野 知也
Black paper airplane

5000枚の黒い紙で紙飛行機を製作し、山の様に積みました。

  • 受賞平成27年度本学制作展 教育後援会奨励賞
  • 素材黒い紙
  • サイズサイズ